2015年8月17日

はじめての逮捕











罪状は無論

クロネコヤマトで

再配達に続く再配達





3日連続指定した日時に自宅にいない罪





しかも頼んでる荷物が


猫砂およそ28kg


エレベーターなしの4階


連日の猛暑


クロネコさんは

それでも笑顔で届けてくださる。

胸のうちは積極的に想像しないようにしている。





憲法の解釈が

ある日突然変わる国NIPPON

法律の解釈が

ある日突然変わって

指定した日時に家にいないのは

ある日突然

詐欺罪だって言われかねない。

クロネコの虐待で

傷害罪だって言われかねない。

ブタ箱秒読みかもしれない長尾。

ごく個人的に由々しき事態な訳です。




エンジニア

なんてやってると


アプリの仕様の解釈


っていうのが付きものでして

みんなで解釈がずれちゃったら

誤解が生じちゃったら

とっても面倒なことになってしまうので

誰が読んでも


一通りの解釈しかできないように


そーゆー風に仕様書を作る

これ当たり前な訳で。




お国のお偉い方が作ってる憲法っつーのは

そーゆー風に作ってないってことなんですかね。

ものすごい今更ですが。




クロネコさんの件は

一応情状酌量の余地っつーのを狙って

ここに言い訳を記しておくとすると



ブツが到着する数時間前に

帰宅が間に合わないってことが

大概確定するので

日時の変更をしようとあがくのですが

この変更ってヤツが


1つの荷物に対して1回までしかできない


そーゆーシステムに今のところなってるんですよね。

だから、1回変更しちゃった後で変更したい時は

サービスセンターに電話するんですけど


いつも大人気のクロネココールセンター


全然つながらないんですよ(泣)




法律の解釈が変わってしまうその日までに

クロネコさんのこのシステムが変わるか

コールセンターが大量増員されることを

願わずにいられない。

夜も眠れない事態です。




もしかしたら

クロネコさんの誰かが

ここを読んでくださってるかもしれないので(まずない)

一応書いておくんですけど

電話の方は無理ですが

システムの方は

ご用命頂ければ条件次第でお手伝いしますので

是非前向きにご検討くださいませ(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿