2015年6月26日

いぬねこ虐殺システム




























本日の

日経平均株価

毎日毎日ニュースに出るのに

ねこの虐殺件数って

毎日毎日ニュースに出ないよね。




テレビは視聴率が全てだから

殺されたねこの数を放送するよりは

お金の情報の方が数字取れるっていう

どーしよーもなく当たり前な話なんだろうけどね。




虐殺っていうのは

人間界でいうところの

殺処分

ってやつです。




なにその

処分

って。

炭酸ガスの噴射される密室で

10分

下手すると30分以上

もがき苦しみに苦しんだ末に

ついに息絶える。

処分なんていう

こざっぱりしたネーミングとは

かけ離れてませんか。

どっからどう見たって虐殺でしょ。



最新データは一昨年の総数




28,570




99,671


合計

128,241




減少傾向にあるとはいえ

悲惨な死を遂げる動物が

なんでいなくならないのか。



虐殺される動物がいなくならない

人間界の理由ランキング

堂々の第1位は









飼い主が捨てる









捨てる



増える



殺す




三拍子のシンプルなシステムな訳です。



で、

飼い主が捨てる理由はというと



引っ越し

子供がアレルギー

自分が歳をとって面倒をみられなくなった




100%混じりけなしの

人間の身勝手な都合。



さらに目を疑うのが



ペットが病気になった

ペットが高齢になった




ナマモノなんですから。

病気になったり歳を取るのは

幼稚園児の方でもわかること。




さらに理解の範疇を超えてるのが




トイレを覚えない


鳴き声がうるさい


かわいくない


子供が飽きた



こういうね

信じがたい諸々を経ての

犬猫大量虐殺。
















ほんとさ

寂しい

とかで動物買うなよ。

レンタル彼女

レンタルおっさん

こんなにモノが溢れている人間界

寂しさを紛らわすものなんかいくらでもあるじゃん。



一応今回は

長尾作最新アプリ

ねこウォッチ

に即してのネタでしたが

この話にオチはありません。

どうする、人間。











0 件のコメント:

コメントを投稿