2015年3月12日

おーがにっく論















嫌いな食べ物がない長尾ではございますが

じゃあお店の好き嫌いもないのかって

それとこれとは話が違うんですよ。



どんなお店がよくてどんなお店がダメなのか

IT業界一自己中心的な長尾がこういうのがいいを並べてしまったら

並べてる時間だけで長尾の人生は終了してしまう可能性があるので

ごくわずかでも有意義なライフプランのために

これはやだ

の方のお店を便宜上挙げるとすると

真っ先に出てくるのが

オーガニックとか有機野菜とか天然添加物とか

体にいいってことを一番の売りにしてるお店はやだ


なのです。



例えば犬って

味じゃなくて匂いで食べる

なんていうけれど

人間っていうのは基本

味で食べることのできる生命体じゃないですか。

まぁ味音痴な人とかは少なからず存在するとしても

一抹のアカデミックさを持ち合わせてる生き物だってことに

一応はそういうことに

なっているではないですか(笑)

そーゆー感覚を存分に使わないのは

人間に生まれた意味が薄いと考える長尾。



そんな人間界の

体にいい

を売りにしてるお店ってさ



体にはイイけどあんまりおいしくないかもしれないです



っていうか



あんまりおいしくないけど体にイイから大目に見て頂けたら幸いです



って言い訳しているように聞こえてならない。

長尾には。



味やらおいしさやらをとことん追求して

結果オーガニックにたどり着いたというのなら全然すばらしいと思うけど

そういうお店は「オーガニック」なことを店の一番の売りにはしていないんですよ。

正々堂々味で勝負してくださいますから。

なので、

オーガニックを全面に押し出してるお店には

味で当たるお店が少ないんじゃないか

っていう仮説が立つ訳なのです。



で、天然愛好家の方々に朗報なんですけどね

天然着色料コチニール色素の元となっている方がこちら












エンジムシの方々です。

赤い色を出すのにとてもよく使われているそうです。

有名どころで恐縮です。











お食事中の方がいらっしゃったら申し訳ございませんでした。











しかしこのエンジムシさんたちも

レッキとした人間のお食事の一部なんで

謝罪の必要はないはずなんですけどね。
















0 件のコメント:

コメントを投稿