2014年5月30日

毒舌女の結婚観














どーも。

結婚したことがない毒舌女長尾です。

結婚したことがないから、当然バツもついてない。

戸籍のきれいさでは負ける気がしない。

戸籍以外の汚さでも負ける気がしない。



先日たまたま

食事の場で結婚制度について激論が交わされていたんですよ。

結婚制度は間違いだ、と主張する50超えの男性、

対するは、結婚制度は必要だ、と主張する30ギリッギリ手前の女子。

戦いの火蓋が切って落とされる前から軍配がどっちに上がるかは決まってたけどね。

こんだけ不幸な子供が溢れかえってる現代、結婚制度がイケてる訳がない。




制度っていう難しい言葉とか

人類・地球にとって、っていうのを抜きにするとして、

長尾的に、個人的に、結婚ってどうなの?って考えてみる。



長尾は何かするとき、

それが自分にとってメリットとデメリットがどれくらいあるのかを考える。

自己中なんで。あくまで「自分にとって」です。

そしてエンジニアですからね。

考えられる全ての可能性を考慮してメリデメを算出します。

それでも、長尾の考えつく「全て」なんて、全く持って「全て」にならない。

長尾の目は節穴ですから。

自分の目が節穴だ、っていう前提で無駄に考慮する。




長尾の考える「結婚」におけるメリデメ



■メリット

長尾が出張する時に、たまたま配偶者が家にいれば、ネコたちにご飯をあげてもらえるかもしれない



■デメリット

一人で住むより居住スペースが狭い

同じ家に他人がいるので気を遣う必要がある

相手が仕事を失った場合など、経済的に相手を助けなければいけない

せっかく好きだと思っていたのに、毎日顔を合わせて飽きて相手を嫌いになる可能性がある

一緒にいることが苦痛になった場合、契約破棄の手続きなどモロモロに多大な労力がかかる





メリットって書いてはみたモノの、

相手に期待することが全ての不幸の始まりだ、くらいに考えてる長尾ですからね、

本心では、ネコのご飯すら期待しない。

その時相手も出張だ、ってことになったらもう無理じゃん。

長尾にとっての結婚のメリットはその時点で皆無になる(笑)

結婚=一緒に住む、っていう暗黙のルールがまずキツい。

好きだと思った曲を1曲リピートして、もう二度と聞きたくない!

って思ったことが何度もある長尾。

自ら好きな曲をトラウマ曲にしてしまった。

「飽き」っていうのは「嫌悪」に近いと思ってる。

なので、毎日顔を合わせることで、

せっかく好きだと思った人を嫌いになってる長尾を想像するのはたやすい(笑)



まあね、結構何十年も人間やってる長尾ですから

今までに親・親戚をはじめとした数々の方々に

結婚のメリットとやらを刷り込まれそうになってきましたよ。

でも大概が、長尾のメリットじゃなくて親のメリットだったりするんだよね。

食べさせてくれる人がいて安心、とかさ。

打ち出の小づちと結婚するとでも思ってんのかね(笑)?

相手は人間ですよ?生きてるんだよ?ナマモノだよ?

怪我はするわ、病気になるわ、普通に死ぬんだよ?

しようと思えば離婚っていう契約解除だってできるんだよ?

どこが長尾の安心につながるのかさっぱりわからない。

この子が食べて行けるようにしなきゃ、って思ってる立場の人が

結婚するってことで、一瞬なんとなく安心した気分になれる、

そうマヤカシテもらえる、ってだけのことじゃん。

それを証拠に、長尾がエンジニアになってから、誰も結婚しろって言わなくなった。

それどころか

やっぱりゆりちゃんは、家事とかも元々苦手だし、外に出て仕事してる方が合ってる、って

おいおい、今まで言ってたことと真逆じゃん(笑)

すでに起こったことに対してあーだこーだ言うって誰にでもできますからね。

長尾の行く末を本当に心底心配してくれるなら、

一生の生活に困らないだけの現金をくれればイイだけのことだったんですけど。

それができないのなら

一生お金を稼いで生きていく方法をおしえてくれればイイだけのことだったんですけど。

いついなくなるかわからないナマモノと一緒になるよりは

よっぽど確実だと思いますけど。



こういうこと言うとさ、

冷たいとか、人の心を持ってないとか、

そんなこと言われたりもしますけど

まあ確かに冷たいけど、

曲りなりにも人間なんで、心はあるつもりですよ。



愛とか恋とかってよくわからないけど

みんなが言ってる「人を好きになる」っていうのは

要するに「その人に興味を持っている、関心がある」ということだと思ってる。



ここに一組、お互いに興味を持ち合っている男女がいるとする。

お互い興味がある訳だから、一緒に過ごす時間がそれなりにあるとする。

居住スペースが大して気にならない場合は、一緒に住む、

っていうケースもあると思う。

結婚をしていなければ、一緒にいる理由が「お互いに興味があるから」ってことになる。

ひとたび結婚をしてしまうと、

相手に興味がなくなった、くらいでは契約を解除しないかもしれない。

実際そうですよね。世間体とか、子供とか、食べていくスベがない、とか。

離婚したくてもできない、なんていう人はゴロゴロいるらしい。

その場合、その男女が一緒にいる理由は

「お互いに興味があるから」じゃないかもしれない、ってことになる。

結婚をすることによって

「アナタと一緒にいるのはアナタに何らかの興味があるからですよ」

って証明できなくなるじゃん。

好きで一緒にいるのか、

契約上仕方なく一緒にいるのか、

区別しづらくなるってことですよ。

お互い興味があるのに、それがわからない状況は残念。

お互い興味がないのに、一緒にいなきゃならない状況も残念。

ものすごく個人的に長尾はそう考えてます。



こんな長尾が結婚する日が来たらそれは、

結婚における画期的なメリットが見つかったってことになります。

乞うご期待(笑)!!










2014年5月23日

毒舌女と仲間たち













先週から長尾は

お邪魔している某現場で

新たなアプリのプロジェクトに参加しています。











こう見えて(すいません)ツワモノ揃い(らしい)です。


で、何のアプリ?

ですよね。












SeeSawっていうアプリです。

iPhone版はこちら

集合写真でみんな目つぶってるのは(つぶってない人いるけど笑)

これのアイコンを意識してのことです。

お友達と写真を送り合って楽しんで頂くアプリとなっております。

長尾はAndroid版の担当です。



あ、かるーくアプリの説明したのですが

このアプリ、一番の特徴は

送った写真が8秒くらいしか見れない、というところです。

なので、すぐ消えてくれて構わないような、

どうしようもなくくだらない写真を送るのに

記憶には残りたいけど記録には残したくない

そんなお写真に適しているアプリとなっております。





イメージ湧かない方もいらっしゃると思うので

まずはインストールしてみてくださいね!














2014年5月22日

毒舌女の敗北












他人の不幸はソソりますか?




先日の戦いの話ですけどね

こういうのなんて言うんだっけ?

不戦負??

Googleさんを一戦交える前にどうやらこっち陣営の敗北が決定したらしい。

GooglePlayストアのアプリのページに載せてるスクリーンショットに

アダルト風な広告が映りこんでいる、という目撃情報を頂きました。

情報をお寄せ頂いた方々、ありがとうございました!




アプリの内容自体がクリーンでも、

表示される広告に性的な表現があるとアウトになるという話は有名なので

アダルトな広告が出ない設定にしていたにも関わらず、

見方によってはアダルトの部類に入りそうな広告が確かに表示されていた。




問題の広告がどんな広告だったのかといえば

数々のイケメンを相手に恋愛を楽しむ妄想に浸ることのできる、

女性向け恋愛シュミレーションゲームアプリの広告です。

その広告には女性(たぶん)の首に、男性がキスをしているイラストが入っていました。

ちなみにこのゲーム、長尾もプレイしたことがあるのですが

直接的な性表現(裸とか卑猥な言葉)は出てこない内容になってます。



Googleさんから明確に答えを聞いた訳じゃないので

神主のおっさんが性表現に引っかかった、とかいう可能性は否めない訳ではありますが

開発者の方々は是非今回の長尾の悲劇を参考にして頂ければと思います。

本件の何が参考になるかってね、

今まで長尾が聞いてきた話では、Googleさんから怒られるアプリは

��、人気のあるアプリ

��、ユーザーさんから通報があったアプリ

だっていう話だったんだけど

厄年シャカシャカ丸はダウンロード数100~500なので、

お世辞にも人気アプリとは言えない(笑)

そして、ユーザーさんからの通報ではなく、Googleさんの定期パトロールに引っかかった。
(Googleさんからのメールの本文に「Google Play チームによる定期的な審査の結果、」と書いてあったので。)

しょぼいアプリでも容赦なく文句言われるのです。

アンドロイダーなみなさんは気をつけてね!!

それと、今回の件を広告の業者さんに伝えてみたんだけど
(アダルトな設定にしてないのに、アダルト風の広告が出てきてしまうから、対応してほしい、と。)

どの広告なのかをおしえて頂ければ、個別に出さない対応をします、だそうで。

良心的な業者さんでした!



余談ですが

Googleさんが今回の広告をどうやって発見したか。

アプリの紹介文とかに卑猥な言葉が文字として入っているかどうかは

キーワードで検索をかければ発見できるとけど

今回のって画像じゃん?検索できないじゃん?

って思って現場のエンジニアに聞いてみたところ

近頃のGoogleさんは、画像検索の技術も持っていて
(Google検索のメイン画面の右上の「画像」ってとこをクリックすると、画像で検索ができる)

Googleさんの何らかのリストに「これヤだな」って思う広告の画像がストックされていて、

そのリストの画像で、ストアのスクリーンショットを画像一致で検索かけて見つけてるのでは?

Googleさんならそれくらいやってそう、

という推察を聞くことができた。

たしかに(笑)

いよいよ(とっくに?)神の掌で転がされてる感じになってきた。

全て見られている。逃げられない。

おとなしく従うしかないです。



色々ブーブー言いましたけどね

今回最も問題だったのは

「これのどこがアダルトやねん!?」って感じた長尾の感性だと思います(笑)

人によって感じ方は様々だからね、

「これをアダルトだと感じる人もいるだろうな」

ってことに気づける人でなきゃいけなかったのです。

アンテナの感度が足りてなかった。

ていうか圏外だった。



キャリアの電波に文句ばっかいってないで

自分の感度のほう上げないといかんね。











2014年5月15日

毒舌女 VS Google













長尾的にはね

今年が厄年かどうかなんてどうでもいいんです。

イヤなことがなかった年なんてあった試しがない。

禍なんか日常茶飯時です。

もう長尾自身が疫病神みたいなモンだから

常に厄につきまとわれる星の元

慎ましやかに生活を営んでおります。



そんなツイてない長尾は

IT界の神からもツキに見放された。

長尾の作るアプリは例に漏れず毒にまみれきってるから

健全って言っていいのかわからんけど

少なくとも、小さい方からご年配の方までイケるように

クリーンなモノを作ってはいるつもり。



なのに、なんで?

Googleさんから不可解なお手紙きちゃったよ。




Google Play チームによる定期的な審査の結果、

アプリ 厄年シャカシャカ丸の最低コンテンツレベルが

Medium Maturity (3) に変更されましたのでお知らせいたします。

コンテンツ レベルの変更の理由:

Google Play コンテンツ レーティング ポリシーへの違反

定期的な審査の結果、

Google ではアプリに性的なコンテンツ、

性的なものを暗示するコンテンツが含まれていると判断しました。







ないないないないないないないないない(笑)






性別と生まれた年を入力してもらって

厄年かどうか判定して

厄年だったらおっさん出てきてシャカシャカするだけだよ(笑)?

このアプリのどの辺が性的なものを暗示してるって??







問題のアプリ 厄年シャカシャカ丸




ご覧の通り、色気のかけらもないんですよ(笑)

ただの神に仕えるおっさんです。

むしろさあ、このアプリ見て性的なモノを感じるって

性格ひねくれてるっていうか

目ん玉濁ってるっていうか

頭オカシイっていうか

普通にキモいよ(笑)



おっさんの何を想像してんだよ!?



長尾のかわいいおっさんをそんな目で見てるなんて

逆にこっちが訴えたいですわ。




なんで長尾こんなにギャンギャン言ってるのかと言えば

今回のお手紙は

アプリのレイティングを上げろ、っていうか

上げました、っていうお知らせだったので

つまり、このアプリを映画に例えたら、

年齢制限なしの「千と千尋の神隠し」が

ある日突然、全く内容変わってないのに「R15指定」になっちゃう、

っていうのと同じことをされた訳です。

やめてくれー

こんなきゃわいいアプリにそんな汚らわしいレッテルを貼らないでくれー

ブログでぐだぐだ言ってないでさっさとGoogleに事情を説明すればいいじゃん、

って思います?

それがねー

一度Googleさんが決定したことって

基本的にくつがえらないらしいんですよね。

長尾みたいに、個人でアプリ出してる子から

100万ダウンロード超えの人気アプリを

Googleにイチャモンつけられて

アカウントごと(つまりマーケットに出してるアプリ全部)削除されたって話聞いちゃったし。

きちんとメールで返信して事情を説明しても

全く聞く耳を持ってもらえなかったそうで。

ま、一応抗議っていうか、

ちゃんと見てくれ!って言うけどね。

1mmも期待できないのですよ。




やっぱり長尾の性格がひねくれてるっていうのが

Google様にもバレてて、

いじめられてるってことなんですかね(笑)?

次はAppleか!?

望むところだ!!


2014年5月5日

目玉焼きにかけるモノ論











長尾が小学校6年生の時、夏の臨海学校っていうのがありました。

たしか海で泳いだりキャンプファイヤーしたりして

お泊りする行事だったと思います。

たぶん。わかんないけど。

なんせ長尾は目玉焼きのことしか覚えてない。




その臨海学校の朝食にね、

ご飯とお味噌汁、お皿にはウインナーとサラダと目玉焼きが出たんですよ。

で、テーブルの上を見渡すと、目玉焼きにかけるモノが見当たらない。

お風呂の時間とか消灯の時間とか結構厳しく決まってたし、

ご飯も例に漏れず、

贅沢言わないでそのまま食べろってことかな?と思ってね、

しぶしぶ食べようとしたところ、

周りのみんなが目玉焼きにお醤油かけてるシーンを目撃したのです。



長「みんなそれソースじゃないよ!醤油だよ!!」



長尾はこの瞬間まで、

目玉焼きというのはソースをかけて食べるのが正式な食べ方だと思っていたので

というか、そんなこと考えたこともないくらい

当たり前にソースしかかけたことなかったので、

みんな醤油だって知らないで

間違えてかけてると思ったんですね。




長尾のセリフにみんなこっち向いて、

こいつ何言ってんだ?っていう顔して次の瞬間、

おいおい長尾は目玉焼きにソースなんかかけて食うのかってなって、

なんだか、だんだんかなりの盛り上がりを見せてきて、

みんな

ソースなんかかけたらまずい!

絶対お醤油のほうがおいしい!って言い出して、

醤油かけて食ってみろよ!とか男子に言われて、

長尾はその空気に飲まれて

生まれて初めて目玉焼きに醤油をONして食べた。

結果、全くおいしくない。

むしろ、目玉焼きと言えるシロモノではない。



長「全然おいしくないじゃん!ソースのほうがぜっっったいおいしいよ!!!!」



てきとーに、悪くないねとか言っとけばいいのにね、

熱っくるしい長尾は正直にビシっと宣戦布告した。

長尾以外全員 VS 長尾一人 

大論争勃発。

宗教紛争ってたぶんこんな感じなんだろうな。

お醤油信者 対 ソース信者

分かり合える兆しゼロ。

好みとか価値観とかって

譲れるわけないんだね。

仕舞いには目玉焼きにソースかけるヤツは

アタマおかしいとかイカれてるとか(笑)




でもこれね

はっきり言って

卵からしたらどうでもいいことなんですよ。

醤油かける

ソースかける

ってねえ

卵は

かかってる

んですよ。

醤油ソースも超どーでもいーよ。

どこまでいっても黒い液体だよ。



長尾は当然

卵の命なんかより黒い液体のほうが大事ですので

まあソースかけててアタマがイカれてるからかもしんないけど

結局いつも通り非国民のポジションを獲得。

「こいつ目玉焼きにソースかけるっつってます」

って謎な通報をされて(担任にね)

隣のクラスにまで軽くアンケート取られて

学年でただ一人目玉焼きにソースかけてるヤツってことになって

一匹おおかみ、っていうか

一匹ブルドック

になった。

こうして長尾の臨海学校は

卵の命をないがしろにした黒歴史となった。







長尾は今でも目玉焼きにソースかけてんのかって?

そういや目玉焼きにマヨネーズかける人がいるらしいですね。

たまごonたまご

だよ?

マヨネーズって主原料が卵だってわかってやってるんですかね?



















でもおいしいから長尾もやる。

マヨネーズさいこー。