2014年2月27日

既読論















既に(すでに)読んでいる、と書いて

既読。

きどく。

うつせみはキム・ギドク。

世間の噂を聞くところによると

長尾全然読めてないのに、あっち側では既読ってことになってるらしい。

全然意味不明で何のこっちゃわからないメッセージも

いかにもしっかり読んだかのごとく既読ってことになってるらしい。

で、長尾が送ったメッセージ、全然ちゃんと読んでもらえてなくても

長尾の方には既読っていうマークがつく。

しかと読ませて頂きました、っていうお知らせが来る。光の速さで。




これおかしいよね。

だってさ、読んで内容を理解してなくても

画面にメッセージを表示しただけで

相手側に「この人今この瞬間にあなたのメッセージ読みましたよー」

っていうお知らせがいっちゃうんですよ。




黒ヤギさんと白ヤギさんで言ったら

白ヤギさんがお手紙開けるだけ開けて、

読まないで食べてんのに、

黒ヤギさんとこに「読んだよ!」っていうまことしやかなお知らせがいっちゃう。

1mmも読まれてないんだよ?読むどころか食べられてんだよ?

これって言うならば既読じゃなくて、

口内とか

胃袋とか

小腸、じゃないですか。

黒ヤギさんの気持ちになったら

もどかしくて、いてもたってもいられない。

「白ヤギ全然読んでないから!食っちゃってるから!もはや血となり肉となってるから!!」

もう長尾は夜も眠れない。

長尾の安眠が妨害される事態ですよ。



ヤギさんの世界では、

この後、黒ヤギさんはおもむろに白ヤギさんにお手紙する。

さっきの手紙のご用事わかんないや、って。

なんだったんですかー?って。

実は読んでません。

きちんと自己申告。

すごい正直。

ヤギは読むのをさぼった旨を相手にちゃんと伝えてる。




人間の世界は違う。

さっきのお手紙をさもちゃんと読んだかのような中身のないメッセージが

無駄に何往復も行き来することになる。




これは一重にKSっていう目に見えない制度のせいですよ。

ちゃんと読んだかとか、理解されたとか、

そんなん人間界では二の次なの。

既読、になったものを無視してるしてないか

それが最重要ポイント。

既読を無視したかどうかで人間性が決まってしまう、

悲しいかな、そんな人間界に生きている。




そしてKS制度に恐れおののくあまり

なんとか既読にしない方法を模索する人が後をたたないらしい。

自分が返事をしないでいる理由は

メッセージに答えづらい、返すのがめんどくさいんじゃなくて

「読んでないからです」ってことにしたいらしい。

結果起こることといえば、

読んでるのに既読にならない、

読んでないのに既読になる、

情報化社会って言いますけどね、

人間界に飛び交う情報は

今日もモレなくウソばっかになる訳ですよ。



だって下手したらさ、

そのスマホの持ち主でない人が読んだかもしれない。

人様に読まれたら顔から火が噴き出しそうな彼女に当てた恥ずかしいメッセージを

娘の携帯をこっそり見た親父様が読むのかもしれない。



既読



いやいや、これってもう

読んだとか読んでないとかそういう話じゃないでしょ(笑)

緊急事態でしょ?

予想だにしていなかった展開でしょ?

迫り来る死に備えなきゃいけない局面でしょ?

じゃあ既読じゃなくって

事件じゃん。

殺意じゃん。

死亡じゃん。

のんきに既読、とかやってる場合じゃない。



LINEにどうして既読っていう機能がついてるかっていうと

東北大震災をきっかけに

大きな災害や、命に危険が及んだりした時に、

メッセージを読むことはできたけど返信できない、

そんな状況の時にでも「メッセージを読んだ」ってことだけは相手に伝えることができる、

そんなコンセプトで作られた機能だそうです。

まぁね、大地震みたいなタイプの命の危険には

この機能は使えるかもしれないけど、

オヤジが激怒してるみたいなタイプの命の危険には

全く役に立たない機能だよね。



やっぱ、命の危険って人それぞれあると思うから

いろんなケースの命の危険に対応できてこそ興味深いサービスだと思うんだけどなぁ。



そしてね

こんな大して使えない機能に振り回されてたら

ホント人生大変だよ。


















2014年2月26日

毒舌女 VS 詐欺師 後篇

















完結篇です。

今回も期待を裏切ることなく長いです。




ずっと黙ってた女に

貯金くらいあるでしょ?って煽られた長尾。

もちろんこんな人たちに投資するつもりはないし

だらだら話すつもりもない。

正体を知りたいだけだったから。

これで決着つくかな?



「その投資がそんなに儲かるなら

 当然あなた方も儲かってるってことですよね?

 おかしいなあ(笑)さっきから話してて

 お金に潤ってる人の優雅さっていうのが全く感じられないんですよねー。

 信憑性ないんですけど(笑)?

 そういう人にいくら話されたって聞く耳持てないんですよ。

 なのでどうしても私に話を勧めたいというのなら

 せめてもうちょっとお金持ってそうな人を窓口にしてくれませんか(笑)?

 まぁそれでもきっと無理だと思いますけど。

 興味がないんですよほんとに。」




目の前の男の表情が突然、にやにや笑いだした。



「そうなんだ!

 まあそれだけ自分のやることが見えてるならそれもいいんじゃない?

 自分の人生だからさ、好きなようにやったらいいと思うよ!」




敗北宣言かな?

大したことなかった。

やっぱアレ?

お金ないんだ(笑)?

痛いとこついちゃったみたいでごめんねぇ!



「長尾さんてやっぱり結構稼いでんだ?

 アプリでどうやって稼ぐの?

 何か秘訣とかあるの??」




はす向かいのエセエンジニアがまた突っ込んできた。

話に興味示さない、お金出さない、カモになんない長尾だけど

エンジニアとして、アプリで稼ぐモノとして情報を持ってると思われてるらしい。

そっか。

その情報聞けたらわずかなメリットがギリギリ得られるもんね。

では、とっておきの情報を提供してあげよう。



「ほんとにココだけの話なんですけど、

 アプリの中に解析ツールというものを入れてます。

 Googleアナリティクスっていうんですけどね。

 一日に何回起動されたかとか、どこの地域からアクセスされたか、

 この画面のこのボタンは男性と女性どっちが多く押してるのか、

 とか結構いろいろわかるので、そういう数値を参考に作ってますよー。」




詐欺師たち、目の色変わってた。

ていうか軽く絶句してた。



「うゎ、そんなのがあったら何だってできちゃうじゃない・・・!?」

「そりゃやりたい放題やれるね!!いろんなことができそうだ!」




これを読んでるエンジニアのみなさんは、いやエンジニアじゃなくても、

ふざけるのも大概にしろって思うと思います。

もちろん長尾に対して(笑)

だって天下のGoogleが出してるんだよ?

今更目新しくもない、だれでも知ってる世界一有名な解析ツール、Googleアナリティクス。

エンジニアじゃなくても、WEBサイトやアプリ開発に関わる人、

ちょっと知識のあるブロガーさんだったら結構みんな知ってると思う。

アメブロにも簡単に入れられる。



彼らは全然知らなかったみたいだから

本当にびっくりして、そしてめちゃくちゃわくわくしちゃってた。

貴重な情報をありがとう!ってことで

長尾はすごい感謝されて、そして解放された。

ほらね、自分でお勉強してないから

貴重じゃない情報掴まされて有頂天になって

結局何も得ないまま長尾逃がしちゃったじゃん(笑)



さらに、この後長尾はダメもとで彼らに名刺を差し出した。

前に同業の詐欺師に会った時は名刺出されなかったし

交換したアドレスもGmailだったので正体がわからなかったのね。

案の定、目の前の男は名刺出してこなかった。

が、しかし、エセエンジニアが名刺出してきた!

やったね。残って探った甲斐はほとんどなかったけど、おまけだけもらえた。



名前の公表は控えますね。

名刺に書いてあった肩書き(?)は

アンソニー・ロビンス公認リーダーシップ

です。

興味のある人はインターネットで調べてください。

長尾は正直アンソニー・ロビンスには全然興味ない。

どっちかっていうとリーダーシップのシップってとこに興味がある。

リーダじゃないんです。リーダーシップなんです。

名詞通り越して動詞ですよ。

肩書きとして成立しているかどうかでいったら、ギリギリで成立してない判定になるよ。

いやむしろ控えめにね、

リーダーには成れてないけど

常日頃リーダー的な態度だけ取らせて頂いてます、みたいな

そういう奥ゆかしさを無駄に表現したかったのかもしれないけど。

名刺としてあまりにイケてない。全然伝わらない。

だからカモも捕まえられないし、お金持ちの余裕も出ない。

あなたが貧乏なのはその名刺が元凶になってる思うのですよ、エセエンジニアさん。



なので長尾が提案しますよ。

ねずみ講よろしく、仲間どんどん増やそうとしてるあなたですからね、

いっそフレンドシップとかでいいんじゃないかと思う。

アンソニー・ロビンス公認フレンドシップ

この肩書き自由に使ってくれていいですよ。

お金?いらないいらない。

長尾はこういうノウハウを公開してお金取ろうとか

そういうどっかの詐欺師みたいなことは言いませんから。



そうそうお金といえば、今回長尾は詐欺にあったので明確に書いておかなきゃね。

え?詐欺られてないじゃん!?って思うかもしれないけどね

価値観って人によって違うのです。

今回の詐欺、被害総額は

往復の交通費1000円。

目も当てられない甚大な被害となりました。

アプリ開発の仕事の話があるって呼んでおいて実際はなかったわけですから。

ほんとは移動時間含めた3時間という時間もほぼドブに捨てた訳だから被害として加算したい。

でも、まあネタにはなったから、10000歩譲ってそれは相殺でいいや。

この通り、誰がなんと言おうと長尾は被害者なんです。





クチと性格の悪さは詐欺師を超えてますけどね。

















2014年2月24日

毒舌女 VS 詐欺師 中篇













お待たせしました。

中篇です。

物語が長過ぎて、

ミランさんのオススメ通り3部作になってしまいました(笑)



何か魂胆があるのがわかった長尾は

きっと今日アプリ開発について話を聞くことはないのだろうと思いながら

この人たちは一体長尾に何を求めてるのだろうか?

彼らが本当にやっているビジネスは何なのか?

を探ることにした。



アプリの話を今はするなって言われた長尾は

「あーそうなんですね。」ってとりあえず流した。

相変わらず向かいの男は暑苦しい自己啓発話を続けてるんだけど

時々、誰だかわからないって言ったはす向かいの男が

ちっちゃい質問を挟んでくるようになった。

「エンジニアになってどれくらいなの?」

「僕もWEBエンジニアだったんだよね。アプリの他には何が作れるの?」

「言語は何使ってるの?」

なんかね、自分もエンジニアだよって言って親近感を持たせつつ、

長尾のエンジニアとしてのスキルがどれくらいなのかを探ってくる感じだった。

「大学はどこいってたの?」

とかまで聞かれた。

脳みそのレベルが知りたいってことなんですかね。

「体育大です。踊り学んでたんで。」

「あーそっかあ。じゃあ文系なんだね。」



長尾は何とも思わないんだけどね、

おそらくエンジニアに対して「あなたは文系ですね」って

相当にバカにした発言だよね(笑)?

そういう意図を汲み取ったのでね

「文系・理系っつーか、体育会系なんですけど?」

って返して黙らせた。

現場で働くエンジニアで

相手の出身大学でプログラミングのスキルを測ろうとする人は見たことがない。

情報処理やってましたか?とかならわかるけど、文系・理系っていう簡単な話ではない。

この人自分で言ってるだけで多分エンジニアではないんだろうなあと思った。

元役者の長尾を釣りたいなら

もうちょいホンモノのエンジニアっぽく芝居してもらえますかね?



で、自己啓発の話はだんだんと、

その向かいの男が築いたらしいビジネスのネットワークの話になっていった。

いろんな人がそのネットワークを通じて事業をしている。

お互いに関わり・助け合いながら。

ほとんどの人は会社に勤めながら、何かしら自分のやりたい事業をしている。

自分で作ったアクセサリーを売っている人もいるし、

ラーメン屋さんを経営してる人もいる。

軌道にのって事業を2つ3つ掛け持ちしてる人もいる。



しばらくこんな風に、

「会社に勤めながら事業をやっている人の例」の話が続いた。

はいはい、もうわかったって(笑)

だから長尾がフリーだって言ったとき微妙な空気流れたんだ。

すでに雇われじゃない人は、そもそも彼らのターゲットじゃないんだ。

しかもね、この辺の話もすでに過去に出会った謎の人物から聞いてた話とかぶってた。

↑こういう話に興味持って、「自分もお店やってみたいです!」って言ったりしたら

「ぼくらは事業を始めるためのノウハウを知ってる。

 そのノウハウを教えるためのセミナーを月に数回開いてるから

 まずはそこにきてみたら?

 あなたみたいにやる気のある人たちがいっぱい集まってるし、

 そういう人たちとつながれるっていうだけでもおもしろいと思うよ?」


っていう話が始まるはずなんですよ、この流れでいくと(笑)



なのでね、こっちから言ってみた。

「あーそれで私が事業やりたい、って飛びつくと

 セミナーやってるからおいでよ、みたいな流れになるんですよね(笑)?

 で、まずは資金を安定させるために、自分がやりたいと思っていない事業でも積極的にやって、

 とにかくお金を生み出すこと、っていうのを刷り込ませようとするヤツですよね(笑)?

 正直、全く興味ないんですよねー。

 すでにフリーだし、そういう意味ではお金生み出してる訳だし、

 『自分のやりたいことをやるために、やりたくない事業をやる』

 みたいな考え方は私には合わないですよねー。

 そんなことするなら死んだほうがマシ、ってくらい合わないです(笑)」


って。

そしたらね、

「まだ有名になるほど稼いでいる訳じゃないのに、

 そんな段階で他の事業をやりたくないなんて言ってたら

 いつまでたっても同じところにしかいられないよ?

 頭の固い人間はそれ以上成長できないと思うよ。

 そのセミナーだって行ってみればよかったのに。」


だって(笑)

みなさんね、こういう風に

「頭の固い人間」とか言われてもカチンときちゃダメですよ。

単なるテクニックだから。

これにはまってどうしても「自分は頭の固い人間じゃない」ってことを証明しようとすると

セミナーにいくしかない、断れない、っていう流れができあがるから。

頭が固い?おっしゃる通りですが、何か?

くらいに聞き流さないと相手のペースに持ってかれます(笑)



「そーなんです。

 生まれつき救いようのないほど頭ガチガチなんですよ。

 なので申し訳ないんですけど、そういう話は他の人に当たってもらえます(笑)?

 私向きな話じゃない。

 てゆーか1mmも興味ない。




相手の目をまっすぐ見て、真顔で言ってみた。

ここまで言わないとほんとに引かない相手だった。

ほんと、バカなんじゃないの(笑)?

そして場の空気は最悪だった。

こんなことくらいで空気悪くして長尾というカモを逃してしまうなら

先方のテクニックなんかその程度ってことだけどね。



凍りついた空気を何とかしたいのか、男は違う話題を出してきた。

今度はお金の話。

すでに収入を得ているっていう話だけど、お金を手元に置いておくっていうのは

とても効率の悪いことなんだよ、と。

お金がひとりでにお金を生み出してくれるところに持っていかないと

お金は使えばなくなるものだから、いつまでたっても自分が働かなくちゃならない。



何当たり前なこと言ってんだか(笑)

働かざるモノ食うべからず、って知らないの?

お金を生み出すには働くしかないんです。

小説が売れて、特許とって、株の配当で、収入をガポガポ得る人もいるでしょうが

普通の人は働くんです、お金を稼ぐんです。

で、この男、そこから先を話そうとしない。無限ループ。

さっきのセミナー系の話もそうだったんだけど

この人たちって

「相手が興味持って自分からやりたいって言うまでこっちから言っちゃいけない」

っていうルールでもあるのかな?ってくらいあっちから本題を切り出さない。

なのでこっちから言うしかない。

「それって金持ち父さん(ロバートキヨサキの本)の話ですよね(笑)?

 つまり、投資をしないとダメだって言いたいんですよね?

 一口いくらですか?で、配当はどれくらいなんですか?」


もう本題で話そうよ。いいよ、まどろっこしい話はさ。

相手が出した数字は、一口100万で、配当が3%ということだった。

長尾全然投資とか詳しくないから、この数字がいいのか悪いのか

そもそも現実的にあり得る数字なのかとかも全然わからない。

でも向こうは、当然のごとく、このご時世こんな率はない、って言ってる。

長尾の知識がないってことで、このまま率の話したらあっちのペースになるから

別の作戦でいった。



「えーーーーーー?マジですかぁ?

 私が投資できるとしたら1万円とか3万円とかなんで無理ですぅ~(笑)」




ってちょっと女出しつつ言ったらね、

ずーーっと黙ってた隣の女が突然口を開いた。




「フリーでエンジニアしてるんだった貯金とかあるでしょ!?」




おや?

シッポ出しましたか?

この一言で点と点がつながった感じがした。


---------------------------------------------------------

この女性、最近目の前の男のビジネスパートナーになったって言ってた、

で、パートナーっていう割にはずっと黙ってるし、

男にヘコヘコしてる感があった、

そして彼らは何らかの人間ネットワークを構築している。

てことはさ、そのネットワーク上での上司なのかな?って推測。

この女は、長尾というカモをそのネットワークに引きずり込むことができたら

きっと何らかの利益を得られるシステムになってるんだと思う。

お金をもらえるとか、仕事上でのポジションが上がるとか、

新しい信者を獲得しないことにはウダツが上がらないシステムになってるんだと思う。

だからこの日は「一押しカモ候補」として長尾をボス(男)の前に引っ張っていって

なんとか長尾を引きずり込む必要があったんじゃないかな。雰囲気から察するに。

事前にメールでアプリ開発の話ちらつかせた、っていうのも、

もしかしたらボスに黙って、何とか長尾を引っ張るためにやったかもしれない。

あの慌てようはそういうことなんじゃないの?

非公開情報まで使ってやっとの思いで引っ張ってきたのに、実際ボスの前で改めて話聞いたら

なんと長尾は雇われじゃない。ので「あなたも事業を始めよう」の話に興味示さない。

(↑パーティで会った時、長尾はフリーでやってるって言ったんだけどね。
 人の話なんか聞いちゃいないんだろうね。)

これで投資させる作戦まで失敗したら

ボスの前でいいとこ何にも見せられないどころか、

手間と時間とご飯代を無駄にしたっていうマイナスしかない。

始まって早々降格処分か(笑)?


-------------------------------------------------------




↑っていうベースがあっての

「貯金とかあるでしょ!?」

だと解釈した。一瞬で。



貯金ねぇ。

あったとしたってあなたたちに投資しようとは思わないなぁ。

死んでも(笑)

このメンツ守ろうと必死になってる女と

自己啓発男と

エセエンジニアに

どう切り返したら面白いかなあ?



後篇に続く












毒舌女 VS 詐欺師 前篇













長尾は最近、詐欺師に遭いました。




ことの発端は

先日知り合った女性から送られてきたメールだった。

年明けくらいのどっかの企業の新年会みたいなパーティで知り合って

起業したいと思ってて、近々できるかもしれない、というような話を

チラっと聞いて名刺交換した程度の知り合い。



メールには、



ビジネスパートナーと出会って起業することになった

長尾さんの商売の「収入の仕組みの構築」の方は順調か?

情報交換などしたい

収益性の高い新ビジネスを提案したい

海外からアプリ作ってほしいっていうオファーがあるから相談にのってほしい



的なことが書かれてた。




これ読んでね、長尾は

アプリ制作の相談、つまり発注するとか見積もりとかの相談だと解釈した。

で、オフィスかなんかの場所と時間を指定されて、

お会いする約束をした。



この時点では怪しさは全く感じてなかった。




はじめておかしかったのは

顔合わせの当日、現地に向かう電車の中、

約束の時間の20分前にきたメールだった。



お食事がまだなら、ご飯を食べませんか?



と。

そして長尾の返信を待たず

駅に着いたら連絡してくれと連投でメールがきた。



なんだそれ??

仕事の話をするつもり同士がさ

突然それをご飯に変更する、っていうのは通常ないよね。

長尾が1時間くらいしか時間取ってなかったら

仕事の話できずにご飯だけで終わるわけだし。

ご飯食べながらじゃメモも取れないしPCも出せない。

正直この人何がしたいんだろう、って思った。




でも、何がしたいかは「一応まだわからない」ってことにして、

とりあえず駅に着いて連絡した。

ほんとにちょっとの間ご飯食べるだけっていう可能性も

相当低いけどゼロじゃないから。




駅まで女性が迎えにきた。

で、遠いところありがとうございます的なことを言いながら

「オフィスで話そうと思ったけど、場所の予約が取れなかった」

ってついでに言ってた。




グレーだなぁ。

限りなく漆黒に近いねずみ色だなぁ。




「会議室が埋まってた」

はわかる。

「予約が取れなかった」

はチョトおかしくないですか?

しかも予約取れない、が確定したのが待ち合わせの20分前ってこと?

それで仕方なしにご飯に変更になったの?

それとももっと前に確定してたのに連絡してこなかった??

ますますおかしいよねえ。



さらにこの女性、

すでにニンニクの臭いをさせてるのですよ。

これからご飯、なんじゃなくて

お食事中の最中に迎えにきてくださったのですね。

てことはさ、さっきメールがきた

「待ち合わせの20分前」

には

「すでにお店に入ってた」

可能性が浮上しますよね。

行き当たりばったり感がものすごいしてる。




この時点で、この女性に対する信用はゼロになったのね。

いくらなんでもテキトーすぎる。

まぁそれだけ長尾がナメられてたのかもしれないけど。




そんなこんなでお店に入った。

お店には二人の男性がいて何か食べてた。

はじめまして、と言って席に着いた。

二人ともビジネスパートナーなの?

どっちがそれなの??




紹介を聞くところによると

長尾の正面に座った人がその女性のビジネスパートナーってことだった。

じゃあハス向かいに座ってる男性は?

特に紹介もなく、誰なんだかよくわからなかった。

まあ同席してるってことは、この二人のお友達なんだろうな。




で、場の空気的にどうやら主人公は長尾の正面の男性みたいな感じだったので

彼にいくつか質問をしていったんですよ。

何やってる人なのかわからないと

開発に対して、アプリに対して

どれくらい知識があるのかわからないから

本題に入る前に軽く聞いとこうと思って。




どんな事業をしているのかを聞いたら、

何やら人材派遣?斡旋?的なビジネスと

他にもいくつかビジネスやってる、ということだった。

というか、「ビジネスのネットワーク(?)」を築いている、

みたいなことを言っていた。




ITとか開発のことは全然知らなそうだってことはわかった。




で、今度は長尾が質問攻撃される番になった。

どっかの会社に雇われてんのかとか

アプリの収入はどれくらいなのかとか

どういう方法でアプリから収入を得るのか、とか

まあマネタイズのこととか。

個人事業主ってことだけ言って、

あとはその辺にありそうなことを適当に答えた。




個人事業主って言ったとき

「え」っていう空気が一瞬流れたのをキャッチした。

長尾が雇われでやってるっていう前提でいたのかもしれない。

ふーん。




質問攻撃が終わると、この男性は立て板に水のごとく

自分のやりたいことを実現するには

とか

収入を増やしていくには

自己啓発セミナーかっていうようなことを語り出した。

てか、割と実現できてきてるんですけど?

だから今日はアプリのオファーを受けにきたつもりなんですけど?

口を挟む余地も与えずにしゃべる男。



そしてその話は

過去にどこかで聞いた内容だった。

自分の手元にあるお金を

投資しないとね


みたいな。

ファンドって言葉もちょこちょこ出してた。




突然 ピーーーーーン、ってきた。

過去に

「起業に興味持ってるならおもしろい話聞けるかもよ!」

的なことを言われて紹介されたナゾの人物から

よーく似た話を聞かされたことを思い出した。




ねずみ色が、黒とグレーのツートンくらいになった。




とりあえずファンドとかよくわかんないし

興味ないし

長尾はアプリ開発を受けるか受けないかの話をしに来たテイだったから

さっさと雰囲気ぶち壊さなきゃって思って

「アプリの開発の依頼が来てるっていうお話を聞いてますが、

 それはどんなアプリなんですかー?」

って、

お店に入ってほぼほぼ黙ってた女性に突如振ってみた。

そしたら

「あっ、その話はおいおい、っていうか、まだ先の話で・・・」

すごい気まずそう。

メールに思いっきり書いてあったのに

「この人たちの前でその話題は出さないで!」バリに動揺しているように長尾には見えた。



百歩譲って動揺してるように見えたのは錯覚だったということにしても

「アプリのオファーの話の前に、何やら聞かなきゃいけない話がある」

っていうのが確定した。

つまり今回の会合は、クロだっていう判定が下った。

長尾にとっては純粋な発注ではない訳なので、クロ。

しゅーりょー。



帰ろうかな、って思った。

時間もったいないし。

でもね、長尾の中のいらない好奇心が頭をもたげちゃったんだよね。

前にどこかで似たような話聞かされたって書いたんだけど

その時は相手にヒラリヒラリかわされて

結局何をやってるのかがわからなかったのだよね。

交通費使ってここまできたし、

この人たちが一体何を企んでるのかもう少し探ってみることにしたのです。






中篇に続く












2014年2月23日

ブログ村バナーのクリックがカウントされる条件 検証結果まとめ










お待たせ致しました。

自分のクリックじゃ試せないから結構時間がかかりましたよ・・・。

今回の検証のポイントは


・「マウスオーバーに対応させた」独自画像のバナーをクリックした場合

・どんな画像、リンクに関わらず「ブログ村のリンク」を「スマホから」クリックした場合


の2点です。

長尾はアメブロしかやってないので

アメブロに貼る場合に限った話なんですけどね。





条件別にまとめて書きます。





■マウスオーバーに対応させたバナー■



パソコンから普通にクリック  

→ 


スマホ版表示のままのスマホからクリック
 (この場合、画像は表示されずリンク文字のみが表示される) 

→ ×


「パソコン版表示」に切り替えたスマホからクリック   

→ ×






■マウスオーバーに対応していない普通のバナー■



パソコンから普通にクリック 

→ 


スマホ版表示のままのスマホからクリック
 (この場合、画像は表示されずリンク文字のみが表示される) 

→ ×


「パソコン版表示」に切り替えたスマホからクリック    

→ 






つまり


・どっちの画像でもパソコンからクリックする場合は必ずカウントされる

・どっちの画像でもスマホ版表示のままのスマホからクリックするとカウントされない

・パソコン版表示にしたスマホからのクリックは
 マウスオーバーに対応させないバナーならカウントされる


ってことになります。



なので長尾が先日公開したソースコードはご活用頂けます!

それと、クリック数を最大限にされたい、かつ、凝ったバナーを使いたい、っていう場合は

パソコンからクリックしてもらう用のバナーと

スマホから「パソコン版表示」に切り替えてクリックしてもらう用のバナー、

2種類を毎回のブログに貼る必要がありますね。





ていうかね、

いくらなんでもめんどくさすぎる。

このスマホが普及する時代に

スマホからのクリックに対応してないとか

致命的ですよ。

せっかくスマホで見てるのに

パソコン版表示に切り替えるなんてね

とってもごくごく一部の

長尾のこと本気で応援したいと思ってくれる

ものすごくマイノリティでものすごい変わり者の方しか

そんな方しかやってくれないと思うのですよ。




でもブログ村の村長さんは、みなさんからの質問に必ず答えてくれるみたいだし

スマホからのクリックにもがんばって

システムを対応させようとしているとこらしいです。

村長さん!急いで!時代に置いてかれてるよ!












2014年2月20日

ブログ村バナーの問題点と謝罪













マウスオーバーに対応したバナーを作ったはいいが

お客様からの「カウントされないよ」に疑問を持って調べたところ

こういうのやっちゃうと、クリックが正常にカウントされない可能性がある、

っていう情報が出てきた。

ブログ村の公式ページから(笑)

ちょっと様子見の実験がてら、マウスオーバー対応版はやめてみて

しばらくHtmlの記述のみでいってみようと思います。

JavaScriptは使ってないから問題ないはずなんだけどなあ・・・

自分でクリックして実験とかができないから

しばらく様子を見るしかない。



なんだけど、それとは別の話で

ブログ村って基本PCからのクリックしかカウントしていない傾向にあるらしい。

つまりスマホからクリックするとカウントされない可能性が高い、ってことらしい。

ってことは、長尾が自作したバナーが悪いんじゃなくて、スマホからだったからカウントされなかった、ってことも考えられる。



スマホで見てる、ってことは、URLがブログ村に登録してあるのと微妙に違うから

正規のクリックとしてカウントされない、ってことなんだろうなあ。

スマホでPC表示に切り替えた後バナーをクリックしたら「カウントされることもある」って、

なんとも曖昧だなあ(笑)

クリック元のURLだけが判断材料じゃないんだろうな。

どうせUserAgentとかも見てるんでしょ(笑)?

こんだけスマホ普及してるんだから、その辺の判定はもうちょい甘くしないとダメなんじゃない?

サイトに流入させることに貢献してるユーザーに対価が払われないんじゃ悪徳業者と一緒じゃん(笑)

ブログ村さん、この辺の対応期待しますよー!



せっかく載せたソースコードはそのままにしておきますが

長尾の実験が落ち着くまでは導入しないほうがいいかもしれません。

すみません!














テーマパークダンサーの実態 その1

 










先日、映画に出てます的なことを言ったのですが

役者をやった期間っていうのは実はものすごく短くて

ホントは高校を卒業してから今まで

何をやっていたのが一番長かったかと言えば




忘れてたけど

テーマパークダンサー目指してた(笑)




残念ながら、採用されたことは一度もない。

千葉の方は書類→1次実技→2次実技で落選、

大阪の方は書類→実技→最終面接で落選、

が一番よかった時の戦績。

戦績はパっとしないけど

両方足したら10回以上は受けてる。

ご参考までに。



今回はその1ということで

千葉の方のオーディションの

書類と1次審査について書いてみます。



書類は普通。

千葉の企業のホームページから専用の用紙をダウンロードして

書き込んで、写真貼って、返信用のはがきを入れて郵送。

書き方どうしようとか色々あると思いますが

結構バカバカ通ると思う。

長尾は初めて送った時、

レッスン着のまま、レッスンスタジオで、

ダンス仲間に爆笑されながら、

使い捨てカメラでたった一回シャッターを切っただけの、

超ピンボケ写真を、

しかも履歴書に貼りつけず、

裏面に名前も書かず、

そのまま封筒に入れて送って、

書類通過(笑)



↑こういうのはオススメはしませんよ。

なんで写真貼らなかったのかっていうと、

お手紙用の封筒で送ろうとしたから

履歴書を折らなきゃいけなくて

写真を貼る箇所がちょうど折り目のとこで貼れなかったので

そのままポイって入れた。

絶対マネしないほうがいいと思う。

履歴書は最初から真ん中で折れてると思うけど

それ以上折らずに済む大きさの封筒に入れて下さい。



返信用のはがきには、自分の住所と名前を書くのだけど

様をつけるかつけないか、とか、いろいろある。

過去の事例で行くと

1、様をつけた長尾
  →通過

2、様をつけない、もしくは「宛」とかにしたコ
  →宛が線で消されて、様のはんこが押されて返ってきて、通過。

3、そもそも返信用のはがきを入れ忘れたありえないコ
  →通過(笑)


1か2でいいと思う。ご参考までに。
   



書類通ったら、最初の実技審査です。

テーマパーク付近にある、大きな体育館で行われます。

昔はテーマパーク内でやってたこともあったらしい。

入口ではがき見せてロッカーの鍵をもらって

着替えます。



で、体育館に入って、アップなりストレッチなりは各自でやる。

あ、そうだ。

この体育館、めちゃめちゃ滑るんですよ。つるっつる。

このオーディションの常連のコとかは知ってるから

濡れぞうきん持参したり、

無理してバレエシューズ履かないで、ジャズスニーカー履いてたりした。



でしばらくして、みんな集合、みたいになって、座って説明を聞く。

審査員の前で踊る時の並び方とか。

あいだ抜けの2列に並んで、一回踊り終わったら、

前後チェンジして続けてもう一回踊る。

曲はその都度初めに戻してくれる。



説明聞いたら、振り入れです。

決して難しくない。

ジャズ1年やってれば余裕な難易度。

だいたい、バットマンが一か所、ピルエットが一か所ある。

「ピルエットは余裕ある人はダブルで。」

とか振り入れのお姉さんがあおってくるけど

無理する必要は本当にない。

つるっつるの床で、緊張状態で、

非の打ちどころのないダブルを披露する自信のある方はどうぞ。




振り自体は簡単なんだけど、たまに2度足があったり

このテーマパーク特有の、個性的な動きとかステップが入ったりするから

慣れない部分がちょっと覚えづらいかもしれない。

全神経集中させて覚えてください。

ちなみに、この振り入れの間も審査員の方はもちろん審査してます。

もっというと、テーマパークの最寄駅降りたところからチェック入ってるそうです。

そのつもりで行動してください(笑)

で、1日数回に分かれてて、日をまたいで行われる1次審査ですが

それでも1回当たりの人数は相当です。

振り入れの時、見えない位置にいると致命的なので

「でしゃばり過ぎず」、さりげなくいいポジションをゲットしてください(笑)

たしか前後の入れ替えは1回くらいしてくれたと思うけど

期待しないほうがいい。




振り入れが終わったら、初めに踊る10人くらい以外は廊下に出されます。

ギリギリまで個人練(狭いけど)してください。

決して周りに迷惑をかけないように(笑)これも審査のうちだから(笑)

で、自分の番になって呼ばれて中に入ったら

指定されたとこに並んで、端から自己紹介。

名前、年齢、職業。一瞬です。

「長尾有里子です。19歳です。アルバイトをしています。」

がんばりすぎなくていいと思う。

目立とうとせず、自然体でいいと思う。




曲がかかって踊る。

前後チェンジして踊る。



以上です。



オーディション受けてた最後の年くらいから

1次審査の中で、0.5次審査みたいなのが導入されたことがあった。

曲の前半部分だけ、結構なスピードで振り入れされて

ざーっと踊らせて、3分の1くらいのコだけ名前呼ばれて

名前呼ばれなかったコはそこで終了、みたいな。

そういう年もあります。

最近はどうなんだろうね。



今日はここまでですが

また続き書きます。














2014年2月19日

ブログ村バナーカスタマイズ 完全版 ソースコード公開












この記事を書いた後で発覚した問題があるので
あらかじめ「ブログ村バナーの問題点と謝罪」ご覧頂き、
ご了承頂けるようでしたらソースコードを参考にしてください。







今度こそ実現できた。

完全版。

ソースコード公開。



あ、ちなみに、

アメブロにブログ村のバナーを貼り付ける場合のみ使えるやり方です。





■毎回の記事に貼り付ける方のソースコード




ココに貼り付けるとリンクになってしまい
ソースコードが読めないので
コメント欄に書きますね。









■毎回の記事に貼り付ける方のソースコード(ちょっと長いです)




p.blogmura a{
display : block ;
padding-top : 100px ; /* ←実際に貼り付ける画像の縦サイズ*/
text-align : center ;
background-repeat : no-repeat ;
background-position : top center ;
}

p.blogmura a:link{
background-image : url(通常時の画像のURL) ;
}

p.blogmura a:visited{
background-image : url(通常時の画像のURL) ;
}

p.blogmura a:hover{ background-image : url(マウスを乗せた時の画像のURL) ;
}

p.blogmura a:active{
background-image : url(通常時の画像のURL) ;
}





全く同じサイズの2種類の画像を用意してサーバなりに置いてください。

で、

通常時の画像のURLを

p.blogmura a:link

p.blogmura a:visited

p.blogmura a:active

に書いて



マウスを乗せた時の画像の方のURLを

p.blogmura a:hover

に書く。




以上です。


ちなみにこのやり方だと

記事を書いた時のプレビューでは画像が出てこないので

実験的に記事を公開しないと

CSSが合ってるのか確認できないので、そこ注意してください。















ブログ村のバナーをカスタマイズしてみた













うーーーーーーむ

マウスオーバーがジャックできない・・・

長尾に許可されたスペースがあまりに小さすぎる。

裏技があるのか!?




今日のところはこれで妥協するけど

まだ諦めないぜ・・・




Android感は存分に出たと思う。




かぶりモノをかぶりきれてない雰囲気を出すのに

イラストレーターと1時間の格闘(笑)



こういう

どうでもいいとこを

大事にしていきたい。


















2014年2月17日

書類審査に通る宣材写真














せっかく役者してたので

審査の実状をちょと書いてみます。



何かに出るには、とりあえずオーディションに受かる必要がある訳で

それにはまず書類審査に通ることが必須条件となる。



長尾が実際にプロフィールに使ってた写真、

受かった例と落ちた例

両方公開します。














こちら

ダメだった例。

相当な数の履歴書に使ったけど

通過例ゼロ。

キレイでかわいいとか

優しいお姉さん系を狙ってんのはまず通らない。

なんでかって、

そういう方向の役者さんっていうのは

芸能界に一流品が揃ってるんですよ

すでに。

北川景子さんとか。

堀北真希さんとか。

長澤まさみさんとか。

石原さとみさんとか。

第一線で活躍してる人からあんまり売れてない人まで

めちゃくちゃいっぱいいる。

主役系の方は。

ていうか完全に飽和状態。

入り込む余地なし。

そして芸能界に入れてなくて目指してる人たちも

こっちの路線

きれいでかわいい主役路線狙ってる人は全国に腐るほどいる。

音大の入試をピアノとかヴァイオリンで受験するのと一緒。

絶対数が多すぎる。

数少ない勝者になりたいなら

ライバルが少ないとこ狙っていかなきゃ

って誰かが言ってた。

みんなが飛びつくピアノで勝負するんじゃなくて

三味線で勝負する。





実際知り合いにいるんすよね。

高3で芸大目指し始めて、奇跡的に受かったコが。

三味線で。

その年に芸大を三味線で受けた人は3人だったそうで。

ピアノやりたい、芸大入りたい、両方追うんじゃなくて

目的のために片っぽ削って

それで勝ったってことじゃん?

英断だなって思う。











いくつかの書類審査に通った写真はこっちです。

バッチリメイクして、とびきりの笑顔で、

ライトでいろんなモノぶっ飛ばして撮影された写真が何千枚も並ぶ中で

メイク薄くて仏頂面で暗い

どうしようもなく不細工な写真っていうのは

とりあえず目立つんだと思う。

つまり

選んでる人の目に留まるってこと。



これだけだと、単なる長尾の推測になっちゃうので

一応証拠となるエピソードを添えとこう。



いつだかの大晦日、

銀座博品館で年越しライブみたいなのがあるって知り合いに誘われて

会場について楽屋にあいさつに行った。

楽屋には知らない人ばっかでとにかくごちゃごちゃとたくさんいたんだけど、

その中にひときわ異様な雰囲気醸し出してる人がいた。

銀髪のロン毛でサングラスかけてイカツイ杖つきながら、

紙コップでビールガンガン煽ってるおじいさん。

見た目もそうだけど、漂う空気っていうか威圧感が半端じゃない。

一緒にいた人が、そのおじいさんのとこに行って「どーも」とかあいさつして

長尾のこと、そのコ誰?みたいになって

ダンサーで食えないから役者やるって言ってるコなんですーなんて言われたから

はじめまして、長尾有里子です。

って軽く自己紹介したのね。その時マイブームだった仏頂面のままで。

そしたらおじいさん










「いいじゃない。影があって。

 役者向きだよ。

 間違っても主役やりたいなんて思うな。

 やるなら初めからサブ狙っていけ。」











大分偉そうだった。

まあ言ってることは長尾が他から聞いたアドバイスと一緒だな。

ていうか、この人一体何者?

で、楽屋出て、さっきのおじいさん誰ですか?って聞いたら

「内田裕也さんだよ!!知らないの(笑)!?」

内田裕也??

あー樹木希林さんの旦那さん?

へーあんなおじいさんなんだ、裕也って名前なのに。



ってことでね、

一応ホンモノの業界の人もそう言ってたよ。

相当酔ってたっぽいけど(笑)



それともういっちょ

長尾が出演させて頂いた映画の監督に

なんで長尾を選んで下さったのかを聞いてみた。












「出てるのがキレイな人ばっかだと

 リアリティのない作品になっちゃうからねぇ。」













ブスだから選んでくれたっていう、何ともありがたい話だった(笑)

ほんとね、おっしゃる通りだと思う。

やっぱリアリティのためにはブスが必要不可欠なんですよ。

韓国映画「親切なクムジャさん」はイ・ヨンエさんもチェ・ミンシクさんもすばらしいけど

あの魔女役の方のおかげでより一層絶品に仕上がってる訳なのです。



出させてもらった映画はね、ハードロマンチッカーっていう映画です。

長尾のおばあちゃんは映画館まで観に行ったのに

長尾がどこに出てるのかわからなかったって言われちゃったので

一応書いとくと

松田翔太さんと中村獅童さんと芦名星さんと一緒に

クラブのシーンで水割り作りながら二言三言しゃべってます。

それと別のシーンで、獅童さんの横でコンビニのカレーを黙々と食べてます。


















契約解除された毒舌女

















エンジニア歴の短い長尾は

もちろん「フリーランスエンジニア」としての経歴もまだまだ短い訳です。

で、経験年数の短いエンジニアがアグレッシブにフリーやってると

実にいろんなことがある。




過去に一度、契約期間が満了してないのに

途中で切られたことがあった。

報酬は契約満了分もらったけど、契約自体は途中で解除された。




契約解除理由は

長尾のスキル不足。

エンジニアには他の職種に比べて特に「スキル」っていう言葉が常につきまとうと思う。

1、言語・プログラミングのスキル

2、設計書や図を書くスキル

3、開発に必要なツールを使うスキル

4、最新の情報を収集するスキル

5、コミュニケーションスキル

スキルスキルスキル。



前にも書いたけど

こういうスキルって履歴書とか面接だけじゃなかなかわからない。

「今までどういうアプリを作ってこられましたか?」って面接で聞かれても

「アプリのタイトルは守秘義務で言えません」とか普通にあるし。

なので、大抵は

新しい現場と契約した初めの1ヶ月は、お互いにやっていけるかの確認にして

本決まりの契約は次の月から、みたいにシステムなってる。

あとは、現場から

「初めの2週間はスキルチェックとさせて頂き、チェックに通らなかったら契約終了」

っていうのもあった。これはわかりやすくていい。




問題の現場は、アプリ開発者が一人もいない、WEB専門の現場でね、

規模としてはそんなに大きくないアプリを、

Android版とiPhone版、両方を一人で作ってほしい、

っていうオファーだった。

経歴が短いとはいえ、割とアプリ出しまくってるし

ゼロからリリースまでの全行程、

しかもAndroidもiPhoneもどっちもイケる、っていうのが長尾の魅力らしかった。




現場にはアプリのことわかる人がいなかったから、週一の定例では

長尾の書いた図を見せながら、ここでどういう通信をして、どういう値を取ってきて

って説明したり、

アプリを動かしながら、今どんなとこをどんな風に作ってるのか、

ってことを細かく、わかりやすい言葉を選んで説明したり

向こうが希望している機能とかデザインっていうのを逐一ノートに取って

出来る限りそれに沿って作っていった。

現場はWEBの方で結構不具合とか出ちゃってて、みんなバタバタして

アプリの定例なんか忘れられそうになってたから

会議の後は長尾が議事録流して、問題がなかったかどうか確認取って

次回定例の日程調整までやってた。

本来忘れるのは現場の方のせいだから、

長尾がフォローする必要はないんだけどね。

まぁ、良心的にやってた訳ですよ。




で、現場に入って3ヶ月目のある日、

突然呼び出されて、「長尾の書く図がわかりづらい」って言われた。

え??

今までOKもらってきた図について

今更わかりづらいってどういうこと??

あっちの話を聞いたところ、

長尾がいずれ現場を去った後、

アプリ開発者を雇うことなくアプリをアップデートなり

運用していきたい

長尾の書いた図を頼りに。

ってことだった。

何やら突然そういう方針になったらしかった。




・・・何言ってんの(笑)?

そんなの無理に決まってんじゃん(笑)




何も長尾の開発能力が優秀だって言ってるんじゃないですよ?

WEBサイトを作るのとアプリを作るのって根本から違っていて

アプリを作る知識を全く持たない人が

残された図を頼りに運用していくのは無理だ、と。

でも向こうとしては

WEBサイトしか作ったことがない人でも

図を見ただけでアプリを作れるような、

そういうわかりやすい図が書けないのは長尾のスキル不足だ、

っていう言い分だった。




長尾ははっきり言ったんですよ。

そういう図は書けない。

というか、図の良し悪しに関わらず、

アプリの作り方を知らない人が

アプリをいじったり改修したりするのはそもそも無理だ、と。

今こうして文章化してみるとあまりに当たり前過ぎる(笑)

それができるならデジハリいらないじゃん(笑)

さらに、そういうことを求めていたのだったら面接の時に言ってくれないと困るし

初めからその話を聞いてたら長尾はこのオファーは受けなかった

ってこともね

ちゃんと言った。

それと

こういうことが起こらないためにも議事録流したり

確認したりしてきたんですけど

ってことも。




で、両者の言い分だけ言って、とりあえず話し合いは終わりにしたんだけど

その後、長尾と現場のあいだに入ってるエージェントから連絡がきた。

現場の人からクレーム、っていうか契約を解除したいっていう話がきてる、って。







「図を書けないと言われたから契約を解除してほしい」







って現場は方は言ったそうで。




言ってないって(笑)

あなたたちが希望する図は書けない

そういうモノは存在しないとは言ったけど

そもそもの「図自体」が書けないなんて一言も言ってないって(笑)

ていうか書いて見せてたじゃん(笑)

エージェントからしたら現場はお客様な訳で

自分らがお客様だからってよくもまあこっちの揚げ足取ること言ってくれるよね。

むしろ、よくそういうこと思いつくよね(笑)

いい歳した大人のセリフではない。




で、そういうことだから、長尾さんは明日現場に行って片づけをして

報酬は明日までの日割りで、みたいなことをエージェントの担当者が言ってきた。

こっちの話も聞かずに。

いやいやいやいや、ちょっと待ってよ。

長尾は話合いの内容を全て話した。

こういうことが起こらないように最善を尽くしてきたと。

でも全然長尾の話聞いてくれなかった。

ヒラリヒラリ、大してちゃんと聞きもせず

なんとなくなだめよう、かわそう、ってしてきた。

ようは完全に現場サイドの味方するつもりみたいだった。

こっちは信用してるからあいだに入ってもらってたのに

何の誠意もなかった。




そっちがそういう態度ならと、長尾も腹を決めました。

両者の話を聞いて公正な判断をしようともしないで

一方的に現場サイドの肩を持つと言うなら、

現場の要望をきちんと理解・把握しないまま

あいまいな状態で長尾に現場を紹介したあなた方(エージェント)が責任取ってくれ、

って言ってみた。

つまり、こんなのは不当な契約解除だし

現場が契約満了分の報酬を払わないことを認めるなら

代わりにあなた方エージェントが払ってくださいね、って。




これ長尾がわがまま過ぎる?ってちょっと思ったから、

念のため労働局とか弁護士さんに確認もしたけど

やっぱり不当な契約解除に当たる可能性が高いって話だった。




長尾が自分の正当性を主張しなかったら、経歴が短いからって遠慮してたら、

残念ながらそのまま泣き寝入りで終わってたと思う。

こんなことがある度にやれスキル不足だ、

契約解除だってやられてたらこっちはたまったもんじゃないよ。




エンジニアのみなさんだけじゃなくてね、

人間はみんな、働く人は特に、

言うべきことはちゃんと言わなきゃダメだと思う。

じゃないとバカを見ることになる。





























2014年2月16日

幸せすぎる夫婦












長尾母はかつて

「父に内緒で」何かをやる、っていうのがちょくちょくあった。

例えば、父の帰りが遅い日に長尾姉妹と母だけでちょっとおいしいものを食べに行くとか、

父がちょっと出張の間に女3人だけで1泊のプチ旅行するとか、

黙ってればバレなそうな、割とかわいいレベルのものだったけど。




ある時母が、眉毛に入れ墨を入れたいって言い出して

それを父に内緒にしろ、って言ってきた。

アートメイクってやつですよ。

彼女は自分がすっぴん時にあまりにも眉毛がなさ過ぎるのがコンプレックスで

顔を洗っても落ちない眉毛っていうのは相当に魅力だったらしい。

ただね、超高速回転する針で眉毛をこする訳だから

眉が相当赤くなったり腫れたりするんだって。

なんだけど母は、

長尾姉妹さえ黙ってればお父さんに真相がバレることはまずないって自信持って出かけて行った。

で、アートメイクの施術を終えて帰ってきた母。

サングラスかけてた。

それくらい、眉が結構赤く腫れちゃってた。

これはバレるだろ。と。かわいい内緒のレベルは軽く逸脱してるだろ、と。

高校生の娘がちょっと眉毛描いたのとか、

ちょっとビューラーで睫毛上げたのに気づく父ですから。

父が母に激怒するシーンを想像して、長尾姉妹はちょっとワクワクした。

いつも怒られっぱなしの姉妹ですから、母が誰かに怒られるシーンは楽しみだった。




結果バレず。

娘たちにはあんなにチェック厳しいのになぜ気づかない??

眉毛が赤く腫れてることについても、

お風呂から上がって依然眉毛が健在なことにも

父は全く気づいていない風だった。

気づいていないのか?気づかないフリをしているのか?

・・・?




味を覚えた母はほどなくして

今度は目の際(アイラインの部分)のアートメイクをやりに行くって言い出した。

やっぱり父には内緒にしろとのこと。

いやー、アイラインは確実にバレるっしょ。

女が別人顔になるためのマストポイントじゃないですか、アイラインって。




施術を終えて帰ってきた母、

完全なるお岩さん。

まぶたをハチにでも刺されたかってくらい派手に腫れてる。

あーやっちゃったね。ちょっとアートメイクを下に見過ぎてたね。

完全にやられちゃってる。

自分の奥さんが妖怪になったのを目の当たりにして

もしくは本当は妖怪だったという事実が発覚して

うちのお父さんはどういうリアクションしてくれるかな?

絶叫?

失禁?

心停止?

長尾家の平和な暮らしは一瞬で崩壊するだろうけど、それはそれでおもしろそうだ。




父帰宅。

そして、母の顔を見て絶句。



「ヒデミ・・・


























泣いたの?」





いやいやいやいや

泣いたなんていうそんなかわいらしい状態じゃないじゃん、明らかに。

どう見たって異様じゃん。

化け物じゃん。

もはや人間の原型を留めてないじゃん。




父のポジティブさに呆れたよね。

たしかに父は、自分が贔屓しているモノに対して

ネガをポジに変換してとらえるのがうまいところはあったけれど

これは無理があるっしょ。変換が強引過ぎる。

長尾家崩壊の瞬間を楽しみにしてはいたけれども、

父が傷つくんじゃないかとか内心ちょっと心配してたのに

そんなのは本当に必要なかった。

あばたもえくぼってヤツなんですかね。

こういうのは勝手に二人の世界でやっててほしい(笑)

もうね、娘を巻き込んだりせずに、二人だけの世界で幸せに暮らしてほしい(笑)




で、実はほんとに二人の世界で暮らしてたってことが数年後に発覚。

それは母の誕生日、父から長尾宛の電話で。




「うっかりお花を注文するのを忘れちゃってね、

 今出先で電話番号がわからないからユリコ代わりに注文しといて。

 5000円くらいのヤツで。

 あ、でね、メッセージカードには

 『ヒデミへ

  二人で生きて行こうね

  マサユキ』


 って入れてもらって。」





これについてはね、いろいろとありますよ。

まず、かつ丼の出前くらいしか頼んだことのない父が

花束にデリバリーサービスがあることを知ってたっていう驚愕の事実。

そして電球一つ替えられない父が、

食べかけのアイスを冷蔵庫に入れて当たり一面バニラの海にする父が、

お花にメッセージカードを添えるなんていう

小粋な技を習得済みだったという信じがたい事実。

さらに、母はともかくとして

父の方はやっぱり母と二人だけで生きているつもりでいたという、

数年前の推測を裏づける事実。




こういうことをヌケヌケと言う親の元に生まれて

長尾も妹もよくグレずにやってきた。

だって二人で生きていく、って

子供はどうでもいいとも取れるじゃん(笑)?




離婚率の高まる日本ですけどね

いくら夫婦は仲良しが一番って言ったって

子供をナイガシロにするのはどうかと思います。

全国のお父さんお母さんは是非ご参考にして頂いて、

配偶者のプレゼントは決して子供に頼まず

余裕を持って自分で用意するようにしてください。


















2014年2月13日

長尾式ダイエット 失敗する人の共通点









食っていうのは、人間の3大欲求の一つでもありますからね。

制限するのがなかなかに辛い人もいるんだと思う。

で、人間っていうのは

「心地よい」「楽しい」「手軽」

が大好きで、

「我慢しないで簡単ダイエット♪」というウタイ文句が後を立たない。



何も我慢せずに体重が落ちるなんていうのはないですよ。

高いお金出して怪しいダイエットドリンクに頼るとしたって

食事と置き換えろ、ってことだったりすると

普段に比べたら断然お腹空くじゃん。

高いお金出して結局お腹空いてんじゃ、意味ないじゃん(笑)



それと一品食い系ダイエットね。

長尾はこれ、全然いいと思う。

食べ物の献立とか考えるとそれだけでお腹空いてキツいから

何も考えないでエサのように決まったものを食べるっていうのはいいと思う。

ただーし

その入魂の一品の選択を誤ると

毎日同じものばっか食べて飽きる上に

最悪の場合は体重が増えるっていうオチがついてくるので

ちゃんと考えて選んでください。



もうね、

白滝に限るよ。しらたき。シラタキ。

スープに入れてもいいし、パスタソースかけてもいいし。

あとはね、

もやし納豆とキャベツ納豆。

キャベツ納豆はそのまま。

千切りキャベツにまぜまぜした納豆乗せただけの代物。

結構おいしい。

もやし納豆は

どんぶりに洗ったもやし入れて、追いがつおつゆと小指の先くらいバター入れて

レンジでチン。

できあがったものに納豆かけて終わり。

結構おいしい。

納豆は1パック100kcalくらいあるからいっぱい食べたらダメだよ。




誰だよ「春雨ダイエット」とか言い始めたの?

白米とカロリー変わらないっつーの。痩せる訳ないっつーの。

リンゴダイエットとか、果物系もそう。

甘い→果糖→即脂肪

つまり即死ですよ。

なのでね、

雰囲気とか広告とか、周りの人がこう言ってた

で選ぶな!

1、その食べ物が一体どんな成分でできてるのか自分の目で確かめろ!

2、人の意見を聞くなら「実際にダイエットして成功した人」のできれば「肉声」を聞け!
  (ネットのブログとか、宣伝要素が入ってる話はダメ)

まあだから長尾のブログも半信半疑で読んでください。

絶対成功するなんて言いませんよ。



でね、

前回のダイエットの記事で、成功の秘訣みたいなものを書いたんだけど

逆に「必ず失敗する原因」っていうのも見つけた。



ダイエット



美容



健康

っていうのを混同してる人はダイエットに失敗していると思う。

ダイエット開始当初の目的は「痩せること」「体重を落とすこと」だったはずなのに

いつの間にか「キレイになること」とか「健康になること」が目的になってたりして

なんだかおかしいことになってる人たちばっか。



コレ当たり前なんだけど

ダイエットって、体重・脂肪を落とす訳だから

ほっぺの内側の肉も減って、顔がしわっぽくなる。

これをね

「無理に食事制限したせいでお肌のトラブルが起こった」

って解釈する人は一生デブのままだと思う。

痩せる素質ゼロ。

根拠がないでしょ根拠が。

シラタキばっか食べたら肌トラブルが起きるっていう

科学的な、医学的なデータは出てるのか?それは確実に100%なのか?って。

長尾が調べた限りではそんな明確なデータはない。


あとね、

ダイエットすることで

周囲からの賛同・賞賛などを得たいと思ってる人も

かなりの高確率で失敗してる。


これはみなさん思い当たる節あるんじゃないですかね?

特に女子はダイエットしてちょっと痩せ始めた人に決まっていうよ。

「体に悪いんじゃない?無理しないほうがいいよー」

って。

責任ないしね。

続けるかどうするかを選択するのはダイエットしてる本人だから。

それとね、女子ってきっと自分が一番チヤホヤしてほしい生き物だから

痩せてるコは「ライバル増やしたくない」

太ってるコは「自分よりチヤホヤされてほしくない」

っていう心理がね、必ずあります。

そんなヤツラの言うこと真に受けたら本当にバカだよ(笑)

あなたに痩せてほしくないんだよ周りの女子は(笑)!!



長尾も例に漏れず周囲から集中攻撃浴びたよ。

健康によくないとか、もうね、そんなレベルじゃなかった。




長尾はクスリやってる




長尾は癌に侵されてる





この話があんまりマコトシヤカになりすぎて

長尾は当時のバイト先で社員に呼び出されたりした。

お前

ほんとにクスリやってんのか

もしかして癌なのかって。

やってねーって(笑)

そんなお金あったらエステでも行って華麗に痩せてやるって(笑)

っていうか名誉毀損だよね。

人権侵害。





なので、そういう

無責任おせっかい攻撃とか

チヤホヤさせてたまるか攻撃とか

クスリやってんのか?攻撃に負ける人はね

一生デブのままです。

美容と健康のことは、とりあえず脂肪落としてから考えたら?

っていうか、その脂肪こそ健康を害してるんじゃないの?

褒められたいから痩せる、なんてやめたほうがいいよ。

みんな褒めるとは真逆のこと言ってくるから。








てな訳です。




















血液型大好き日本人












会う人会う人におもしろいくらい言われるんですよ。



「長尾さんってAB型ですか?」

って。

「血液型何型ですか?」

じゃないんだよね。

AB型限定。



あれでしょ?

カワリモノだって言いたいんでしょ?

二重人格だって言いたいんでしょ?

だったら「長尾さんって変わってますね」でいいじゃん。

いいよ、無理にオブラートに包もうとしなくて。

っていうか包めてないよ。丸見えだよ。

AB型がそういう評価を受けてる国だってことはなんとなく知ってる。



もうちょい詳細に語ると

AB型限定、って部分

圧倒的に多いのはAB型だけど、

B型ですか?って聞かれることもある。



あれでしょ?

ジコチューだって言いたいんでしょ?

悪い方の意味でマイペースだって言いたいんでしょ?

だったら「長尾さんマイペース」



以下同文。



全世界で血液型で性格を判断しようとするのって

日本人と韓国人くらいだって言うじゃん。

反韓反韓って、仲良く血液型気にしちゃってるじゃん。

でね、血液型と性格なんか関係ないに決まってるんですよ。

こうやって「AB型=二重人格」ってみんなが言うから

そういう世知辛い世間に揉まれて育つから

そういう人になっちゃうんだよ。



もっと言えばね、

二重人格じゃない人間なんていないんだって。

好きな男子と嫌いな男子の前で同じ態度の女の子なんか見たことないし、

実の母親と姑の前で態度が変わらないヨメなんか1mmも見たことないよ。

みんなシレっとTPOで分けてるじゃん。

それって二重人格と同じでしょ?

三面相、四面相、百面相してるじゃん。

それを、生まれつきAB型の人の典型的な特徴だって?

おかしいでしょ。

そんなんでワーワーキャーキャー言ってる人の感覚が全く理解できない。

科学的にいこうよ。

根拠を追及しようよ。

イラナイ伝統に縛られるのはやめようよ。



つまり長尾のプロフィールに書いてあることはね、

表向きな内容なのです。

嘘は一つしかないけどね。

どっかで長尾の噂を聞いて、

毒舌で変な女性エンジニアがいるとかね、

そんな人が冷やかしにきた場合に

「うわ。やっぱAB型だわ(笑)」

みたいに勝手に勝ち誇った気分になって頂く用のプロフィールなのです。

そんな何の根拠もないこと信じてる人は

勝手にそう思ってればいいのです。





じゃあ長尾は本当は何型なの?って








A型です。















2014年2月12日

長尾式ダイエット












エンジニアとしての腕前はわからんですが

ダイエットに関してはプロ並の技術を誇る

と思っている長尾です。

3年くらい前にね、気合い入れて落としました。



ダンサーやってたんじゃないの?

ダンサーって細いんじゃないの?

ってよく言われますが、

ダンサーは決してみんながみんな細い訳じゃないです。

どっちかっていうとポッチャリしてたり

たくましい人が多かった気がする。

そして長尾がダイエットしたのはダンスを辞める直前くらいからです。

ずーっとデブのまま踊ってた。

脂肪にまみれて舞ってた。

ダンサーはデブっててもステージ出れるかもしれないけど

役者はデブじゃダメ、って聞いて。



長尾の身長は152なのですが

8~9kgくらい落としました。

いつかの記事にダンサー時代の写真載せてますが

あれはダイエット始めてちょっと経ったくらいの頃だと思います。



肝心なダイエット方法ですが、

単純です。



1、できる限り食べない。水はたくさん飲む。

2、代謝を高めるための運動や入浴をする。

3、常にあったかくする。



手軽に簡単ダイエット!

など期待されていた方はお引き取りくださーい。

2~3kg落としたい、とか

何年かかってもいい、とかだったらそういうのもあるのかもしれないけど

ある程度まとまった脂肪をそこそこの期間でやっつけるには、

正攻法しかないと長尾は思います。



できる限り食べないってどれくらい食べないのか、ですが

2日に一食、食べるか食べないかくらい。

この頃は極端に貧乏だったので

「カロリーの低いものをたくさん食べる」みたいなことができなかった。

そんな贅沢は許されてる身分じゃなかったので。

しかもマメに自炊するタイプでもないし、そんな時間はないし、で。

だったら食べない、を選択した。



運動は、

とにかく太りやすい痩せづらい長尾だったので、

つまり代謝がものすごく悪い人間だったので

普通のウォーキングじゃあんまり効果なかった。

で、人から聞いて

ヒートテックのタイツにタートルのインナー着て

その上に100均で買ったサウナスーツ着て

さらにその上にモコモコのパーカー上下とか着て

ウォーキングしてました。毎日1時間は。

ちょうどダイエットしてる頃、冬だったんでね。

このカッコだったら真冬だろうが、代謝が悪かろうが、汗だくになれる。

夏に同じ恰好したら救急車呼ぶことになるからやらないでね。

(長尾は一度やって危うく永眠しかけた)



で、毎日湯船に浸かるようにした。

ほっといたらシャワーで済ませてしまうところを

必ず毎日溜めて入った。



あったかくする、っていうのは

着るものもそうだし(スカートとか履かなかった)、

電気代をケチらずに、常に部屋をあったかくしてた。

冬の魚って脂がノッテるじゃないですか?

あれは人間も同じことだそうです。

寒いと脂肪が付くって言うのであったかくした。



これらを3ヶ月くらいやって希望体重まで持っていきました。



と、やったこととしては別に普通なんですよ。

画期的なサプリメントに出会ったとか、エステで華麗に痩せたとか

そんなんじゃないので。



ただね、ダイエットしてて

なんでみんなダイエットに失敗するのか

貴重な仮説が立った。

そして、続けるための秘訣(?)がわかった。



できる限り食べない、って書いたけどね

これ結構辛いんですよ。

当たり前だよ。めちゃくちゃお腹空くよ。

頭もボーっとするし。

で、バイトの帰り道とか、

スーパーがあったり、吉野家があったり、ケンタッキーがあったりする。

もう足が勝手に入ろうとする。飢餓状態ですからね。

とにかく何か食べたい。

そんな時、長尾のアタマの中はものすごいことになるんですよ



ただ食べたい、っていうんじゃなくて

今ご飯を食べなければならない正当な理由、っていうか言い訳が

ものっすごいスピードで頭にブワーーーーーって浮かぶのです。

100個くらい。

どれもこれも、

食べたい、じゃなくて

もう絶対今すぐにご飯を食べなければならない、ってことにするために

ご飯を食べることを正当化しようとしてくる

脳が。




例えばね

こんなに食べなくて、健康によくないんじゃないか?

ブドウ糖が極端に欠乏するとバカになるんじゃないか?

頭の働きが鈍る、っていうのは生きていく上で致命的なんじゃないか?

極めつけは

そもそも役者なんかやってどうするんだ?それはどうしても果たす必要があるのか?

とかね。人生論まで始まっちゃう勢いで。

いつもは使えない脳みそなのに、こういう時に限ってフル回転。

すごい冴えまくり。キレまくり。



ダイエットを始めた時は↑こんなことは重々承知の上で始めたはずなのに

極限までお腹空いた時には決まってこういうことが走馬灯のように頭をかけめぐる、

ってことに気づいたのです。

何度かやらかして食べちゃった後で(笑)



気づいてからは注意するようにした。

ノートに書いて持ち歩いたりもした(笑)

すごいお腹空いてる時は、脳がありえないくらい『食べろ食べろ』って悪魔の囁き、

 っていうかもう怒鳴り声に近いくらいの勢いで

 しかもそれらしい根拠や正当性を携えて語りかけてくるから

 それを必ず無視する。


っていう注意事項。

これ、ダイエットを成功させる秘訣その1です。

欲望に打ち勝つ、なんてかわいらしいものではなく

脳がしてくる洗脳に打ち勝ってください。



次に、

人間って

「やったことの成果がすぐ目に見えない」

のがダメなんです、きっと。

サウナスーツを着てのウォーキングは、何がよかったかって

すぐに数字が動くこと。

停滞期とかあんまりない。

汗が出てるだけかもしれないけど、とにかく

ウォーキングから帰って体重計に乗った時、

必ず数字が減ってる、ってとこがポイントだった。

これね、やった感がある。

で、数字が減ってうれしいから、

ただでさえ少ないご飯を、もうちょっと我慢しよ、って思える。

せっかく数字が減ってるのに、変に

「水分が抜けただけで痩せてはいない」

とか考える必要は、この場合はない。

今日の数字はそうかもしれないけど、続けたら確実に脂肪が減るから。

というか、ほとんどが水分かもしれないけど、

確実にちょっとは脂肪も減ってる訳だから。

テンションを下げるだけで意味のないことは、考えなくていいと思う。

ただ「減ったから食べても平気」はありえない。

そういう「根拠のないこと」をやる人は一生痩せられないと思う。

成果が目に見える方法でやる、これが秘訣その2です。



こんなダイエットして

体は大丈夫なのか?ってよく言われますが

人間ドックは全部Aです。

この3年、一度も風邪引いてない。

女性周期が狂うとかも全くない。

絵に描いたような健康体です。



とはいえね、どうぞお試しあれ、とは言わないです。

ストレスが・・・とか言ってる人には確実に向かない方法だと思う。

自分に合った方法を見つけて下さいねー。

















2014年2月11日

毒入りチョコ注意報









人間の恋心ってどんどん膨らんでエスカレートするみたいですからね。

独占できれば生死は問わない、なんてことになり兼ねないのです。

普段そこまで親しくない女子から気合いの入った手作りチョコをもらったら

喜んでないで警戒しろ、ってことですよ。

妄想に走る彼女らの情熱はすごいからね。

義理チョコばっかの人はいいね。命の危険はない。



こんなシーズンですから

長尾も波に乗りたい。









第14弾(たぶん)うちのコアプリ

梵字DE恋愛成就(ぼんじでれんあいじょうじゅ)

です。

恋愛運の上昇に一役買ってくれそうな神様を表した

「ウーン」という梵字がうっすらと描かれています。

四隅のお花は、これまた恋愛運を上げると言われている「ボケの花」です。

「ウーン」に「ボケ」のコンビ、これ絶対恋愛運上がります。

もうね、間違いない。

このアプリを導入してそれでも彼氏できないなんて人は

恋愛の才能が生まれつきないんだと思う。

しかもこのアプリ、ちゃんと毒が入ってます。

正真正銘の毒入り手作りアプリです。












デザインはブラックとホワイトがございます。














この思わせぶりなしょぼいおみくじボタン

毒のつもりで入れたけど

毒にも満たないしょぼさでしたね。

押したらどうなるかはもちろんお楽しみです。


こんなバレンタイン間近に出すつもりは決してありませんでしたが

どうせ女子のチョコだって駆け込みだったり一夜漬けだったりっていう世界ですから。

長尾のアプリも例に漏れず発車ギリギリになりました。



使い方がわからない、

もっとこうしてほしい、

などのご要望がございましたらお気軽にメッセージくださいね。












2014年2月9日

使えないヤツ












今でしょ

あなた今やらないでいつやるの?

記録的な寒波がキテるっていうのに。

東京が雪国と化してるっていうのに。

今こそ本領を発揮してくださいよ。






黙ってる場合じゃないんだよ。






本日午前8時、

長尾家のエアコンが急停止。 

なぜに今日?

設定温度を上げてみる。

30度。

長尾は今節電とか原発とか考えられる状態じゃない。

無理無理。今そういう余裕ない。死に際だって。

設定温度マックスの30度、微動だにしない。

スイッチは入るのにピクリともしない。羽がパタパタを始めない。飛び立ってくれない。

で、

スイッチ切ってちょっと待って、またつけてちょっと待って

繰り返すこと数十回、

何も始まらない。温風っていうイベントが始まらない。

ものすごい期待を寄せて待ってるのに幕が開かない。



いつもはエアコンの前で(床置きタイプ)陣地争奪戦を繰り広げてるネコ様たちは

さっさと電気毛布の挟まったベッドに避難。

エアコン動かないって迅速に察知して、迅速に避難してた。

長尾も音速で避難したいけどさ、ベッドの中じゃ仕事できない。



どんだけ使えないんだろうか長尾家のエアコンは。

空気をつかさどるポジションにいながら、全く空気読んでない。



エアコンくん

今日すごい寒いんですよ。

数々のスケジュール帳が真っ白になるくらい雪降ってるんですよ。



昨日の夜までは仲良くやってたじゃん、うちら。それなりに。

長尾があんまり寒がるから、エアコンくんの労働時間無視して

ブラック企業ばりに残業させてしまっていたかもしれないけど

でもそれでもうまくやってきてたじゃん、うちら。それなりに。

もしかして、怒ってた?

たまには早く帰りたかった?

長尾が残業させまくったせいで彼女にフラれた?



もしそうならごめんなさい。

長尾は限りなくブラックな人間だけど

でもブラック企業じゃないから謝るよ。

ほんとごめん。申し訳ない。

エアコンくんのことちっとも考えてなかった。

今後は社員としてもうちょい正当な労働時間に収まるように調整するよ。

人権を侵害しないように、一人の人間として扱うからさ。



謝ったけどやっぱりご機嫌が直らないみたいだね。

くん、って言ってるけど、実は女子なのかな?エアコンくん。

今度はそれで怒ってるのかな?

ごめん、ほんとごめん、エアコリーナ。

今後はレディとして大切に扱うからさ。



だから、お願いだから、長尾家に春を連れてきてよ。

常夏の楽園長尾ハウスin東京にふさわしい熱風をカムバックさせてよ。

だって気づいてるでしょ?

今日の長尾の文章、全然毒々しくない。

かわいらしくすらあるでしょ?

この寒さじゃ毒吐けないよ。

デカい態度できないよ。

小さくまとまってしまうよ。

ていうか正直指がかじかんでキーボードほとんど打ててない。



わかった。ちゃんと正式に謝罪する。

使えない、って言ってごめんなさい。

申し訳ありませんでした。

使えないのはエアコリーナじゃなくて、長尾のほうでした。

あなたの気持ちを考えて行動するべきでした。

使えないのは従業員じゃない、ブラック企業のほうです。

ほんと申し訳ないです、エアコリーナ。




ん??

ネコ様がエアコリーナの前に座っている・・・




やっと動いたエアコリーナ!!!




ネコ様は空気読むの早かった。

長尾より、エアコリーナより、迅速に読み取ってた。

人間よかネコのほうがよっぽど臨機応変にやってるよね。

迅速に避難して、難が去ったら迅速に帰宅してた。

彼らを見てると、邪念がほぼゼロなんだよね。

常に目的が明確。シンプル。

長尾家で現在最もあったかいとこに滞在したい、っていう目的。

大体毎日その目的に沿って動いてる。

同じことの繰り返しなのに、人間みたいにストレスとかもないらしい。

これってさ、ネコ様がこのまま人間になったら

すごい使えるヤツになるかも。

毎日繰り返しの献立や仕事内容に文句を言わず、

おまけに邪念がないから仕事しながら余計なこと考えたりしない。

常にテキパキ行動。すばらしい。

一つ難点があるとすれば

その気にならなければ一歩も動かない。

テコでも動かない。説得なんか通用しない。



これって結局人間も一緒だよね。

目的を明確にパキパキ仕事デキる人って

信念持ってたりするから

やりたい仕事しかやらない、

やりたい仕事が回ってくるように計算して動いてる。

やりたくない仕事やらなくて済むように。



つまり、使えないヤツは仕事ができないし

仕事がデキるヤツは言うこと聞かないってことだね。



長尾はね、結局どっちも使えないなって思います。

















2014年2月8日

PC使ってなくて、やだねボタンが見れない方へ

※アメブロ時代に書いた記事ですm(__)m



































マウスを乗せたり外したりすると

やだね が出たり消えたりします。








ちなみに

押せません。









やっぱり「インターネット」が何かわからない …














前回の記事

普通に「HP」っていう言葉を使ったのだけど



HPって何ですか?

というご質問を頂いた。



たしかに。

世の中にHPって実はいくつかある。



ゲームにも出てくるHP(ヒットポイント)、

ヒューレットパッカード社のロゴも、頭文字取ってHP、

携帯電話、を略してHP(ハンドフォン)って言ってる時代もあった。



長尾が書いた「HP」は

ホームページ

のことです。



じゃあホームページって何?

ブラウザで見ることのできるページだよ。



じゃあブラウザって何?

ホームページを見るための道具だよ。



だからそういうのがわかんないんだよ!

という声が聞こえてきそうです。

説明の中に、新たな知らない言葉が入ってきちゃうから

いっくら聞いてもわからない。



実はこの辺の単語って

関連してるとこをまとめて説明したほうがしっくりくると思うので

今日は

ホームページ

ブラウザ

インターネット

URL

について語ってみようと思います。



やっぱり、言葉の意味を知るには

例文だと思います。

以下、例文です。

一度頭の中をからっぽにして読んでみてください。



人間は、おうちで「テレビ」を見ます。

テレビで見れるのは「テレビ番組」です。

テレビ番組」を見るには「テレビの電波」が必要です。

そして「チャンネル」を変えることによって

いろいろな「テレビ番組」を見ることができます。



この例文無理なく理解できますよね?

これがわからないって人は小学校に戻って

日本語のお勉強をやり直してほしい(笑)



ここで、

おうちをスマホに変えてみます。



人間は、スマホで「ブラウザ」を見ます。

ブラウザで見れるのは「ホームページ」です。

ホームページ」を見るには「インターネット」が必要です。

そして「URL」を変えることによって

いろいろな「ホームページ」を見ることができます。



テレビの例文の「」の中を変えただけです。

なんてこっちゃないのです。

スマホって、インターネットの世界の中の「おうち」なんです。

ブラウザ、っておうちでいうテレビみたいなものなのです。

ホームページって、テレビの中でやってる番組のことです。

言葉の細かい意味なんてわかんなくて全然大丈夫です。

URLってなんじゃそりゃ?でOK。

イメージイメージ。



おうちとスマホ、テレビとブラウザ、など

違うとすれば



1、テレビ番組はテレビ局の人にしか作れないけど、ホームページは誰にでも作れる

2、テレビ番組は見るだけのものだけど、ホームページはもっといろんなことができる

3、日本のチャンネルは数が限られてるけど、

  URLは世界中にものすごくたくさんあって日本から全部見れる

4、テレビの電波はテレビ番組の受信にしか使えないけど、
  
  インターネットは結構いろんなものを受信できるし、なんと「送信」もできる

5、テレビ番組は見れる時間が決まってるけど、ホームページは24時間見れる



ざっくりですが、こんなところだと思います。



でね、インターネットってすごいすごいって言われてきた。

何がすごいかって、いっぱいあるんだけど

一つ取り出してみるとして

例えば、4の「送信」なんて画期的なんですよ。

テレビ番組の中の人が

「テレビの前のみなさん!」

って言ったところで

テレビに向かって「はーい!」って言っても

その番組に参加できる訳がない。

あなたの声が届くことは100%ない。

参加してるつもりになるしかない。

でも、アメブロっていう番組には「送信」っていう機能がついてるから

参加できちゃうよね。コメントで。

しかも24時間好きな時に。

そりゃテレビ局に電話して意見することはできるけど

「番組に参加」することはできませんからねぇ。

インターネットのすごいことその1でした。



知ってる人もたくさんいると思うけど

ちょっと原点に返って突っ込んで語ってみた。



なので長尾が前回の記事で書いたHP(ホームページ)は

長尾が自分で作ったしょぼい番組のことなのです。

「送信」機能を駆使できてないので、誰も番組に参加できないタイプのHPです。

最先端のアプリ作ってるエンジニアのはずなのに、古めかしいタイプの番組やってる

ってことです。































2014年2月7日

アメブロのいいね!ボタンをカスタマイズしてみた













長尾は自慢じゃないけど

HTMLとかCSSはあんまりわからない。

一応おシンプルなHP作ってはあるけど

いくらなんでもおシンプル過ぎるんじゃないかという評判を多々頂いている。

まぁたしかに、

クリックしてページ進んだが最後、戻ることすらできないサイトではあるが(笑)

迷子になったらブラウザさんが助けてくれるって。

ブラウザさんに多大な期待を寄せてる。

並々ならぬ期待。

ブラウザさんのポテンシャルを最大限に利用した画期的なサイトとも言える。



なので、結構苦戦した

いいね!ボタン。

ほんとはボタンの画像ごと変えてやりたかった。

なんでかって、

長尾のブログ読んで「いいね!」って



どこがいいね!やねん。



他に手頃なボタンがないからとりあえずいいね!押すんでしょ?

もしくは記事読まずに、宣伝のために、

自分の名前を刻印するためのいいね!
でしょ?

読まずにいいね!する非国民は置いといて

長尾のこんなひどい物語を読んで下さって、

何かしらアクションしてくれようとする方のために

そんな方のかゆいところに手が届くボタンを設置したかった。

みんなのために。

世界のために。



長尾は やだねボタン を設置したかった。



簡単には許してもらえなかった。

なかなかジャック(ハイジャックとかのジャック)できない。

押した時に即座にいいね!の数をカウントして、それを吹き出しに反映させるシステムが

ジャックしようとする長尾を拒んだ。

でもどうにかして長尾のこの思いを形にしたい。

試行錯誤すること数十分・・・




結果どうなったかは

いいね!ボタンをご覧ください。

いや、見ただけじゃわかんないかも(笑)

しかもPCからじゃないと見れないや。

希望通りとまではいかなかったけど

何らかの毒を振りまいてる感は出たと思う。



来月はどんなデザインに変えようかな。















2014年2月5日

続 毒舌女 VS 占い師
















昨日の続きです。


















昨日は

占い師っていうのは占うことを職業としてる訳で

別に雑談してお金もらう人のことじゃないはずだから

長尾は黙秘を決めた、という辺りまで書いた。






長尾も人の弱みにつけ込む手法とかには

それなりにミーハーなんでね、

当然知ってた訳ですよ、コールドリーディングというヤツを。

あたかも占いが当たってるように見せかける技術。

実は相手にうまく質問してそれとなく聞き出して

それがカードによって示された、みたいに演出する技術。

占いなんてね、テクニックの集合体なんですよ。

夢でも超能力でもない。



なので必要最低限の質問以外は本当に黙ってた。

もしくは「どうかな?」「わかんないかも・・・」

とにかく「おしえない」を徹底。

じゃないとさ、

カードが示したのか、長尾が答えを言っちゃったのかわからなくなるから

本当に「占いが当たってるのか」がわかんないじゃん?

でもちゃんとサービスはしてあげたよ。

あんまり仏頂面しちゃうとアレだし。

占い師の方もリラックスして占えないかもしれない。

なのでスマイルでの黙秘。

で、てきとーに「うんうん♪」ってうなづいてあげた。



占「普段からあまりお話されないんですか?」

カ「違いますっ!ユリさん超おしゃべりですよっ!なんで黙ってるんですか!?」

長「初めての占いで・・・ちょっと緊張してます・・・♪」

占 「そうですよね。初めてなんですものねー。」



カモ鍋が「は?」って顔してる。

占われる、とは言ったけど、占い師とおしゃべりする気なんてないんですよ。



占「あなたが占ってほしいところ、一番知りたいところっていうのはどこですか?」

長「結婚・・・かな・・・♪」



女子って何かと結婚について聞きたがりますからね。

長尾とは今のところ

もしかしたら生涯無縁のキーワード。

こんな人間が誰かと普通に共生できる訳はないのです(笑)



占い師は占い師らしく

長尾が切ったカードの束からカードを取り出して

いかにもタロット占いな感じの配置でテーブルに並べた。



占 「何とも言えないカードが並びましたねえ・・・」

知らん、って(笑)

占 「ちなみに今気になる方とかはいらっしゃるんですか?」

だから、当ててよ(笑)

長 「みんな気になるような気もするし、ならないような気もするなー」

占 「そうですか・・・。」

この占い師は、このしらけた空気をどうやって乗り越えて

そして一体どんな結論を出すのか、

逆にこっちがハラハラしてきたよね(笑)

いじわるするのも楽じゃない。



カ 「じゃあ、ゆりさんにはどういう人が結婚相手に向いてる、とかわかりますか??」



1000円出したカモ鍋はカモ鍋で

なんとか1000円の元を取ろうとしていた。



占 「そうですねー。ま、愛情面を示す場所に法王の正位置が出てるので

  『穏やかで忍耐強く、旦那様を愛情深く支えていける』

  そんな方だって出てます。

  全体として、ひっそりとした佇まいの中に静かに熱く燃えるモノを持ってる方、

  っていうのかな、

  決断力なんかに関しては多少優柔不断なところがおありになるようなので、

  お相手を決めるのには時間がかかるかもしれないですねぇ。」





↑本当に適当だなあ(笑)たぶん本来の長尾と真逆だなあ(笑)

言ってやろうかと思ったら





カモ 「それはありえないです」





きっぱり言った。

アナタさっきまで「すっごい当たる」って言ってたでしょうに(笑)

カモは、すっかり冷静になってた。

熱々カモ南蛮が気づいたらざるそばになってた。

カモ子が長尾の何を知ってるのか知らないけどね

まぁかつて旧長尾邸に居候してた経歴のあるカモなので

長尾が結婚に向いてない可能性には気づいていたのかもしれない。



でもこれだけじゃね、結局どっちが勝ったのかわからない。

「そんなの当たってない」ってこっちが言っただけだし。

占い師はお金返してくれた訳じゃないし。



なんだけど、このイベントの後に出演者の打ち上げがあって

長尾はこの占い師に名刺渡されたましたよ。

「これは普段は出してない方の名刺です。

 さっきは占いで生計を立てているとお話したんですけど、

 ほんとは会社員をやっております。

 占いは副業なんです。

 よろしければ無料で占うのでうちに来ませんか?

 あなたのような人に初めて会いました。

 あなたともっとお話がしたい。」

キモイキモイキモイ(笑)

そしてこんなにコテンパンにされてまだ占うか(笑)!?

そりゃお話したいよね。長尾はほとんどしゃべってないんだから。



ということで

見事、占い師の正体を暴きました。

占い師に自ら本当の姿を語らせた、ってことで

軍配は長尾に上がったと思ってます。





でもほんとの軍配はカモ子に上がったんだよね。

この期に及んでまだ占いを信じてるカモ子に。

バカは死んでも治りませんから(笑)!












2014年2月4日

毒舌女 VS 占い師

 











占いを信じてる

かわいい乙女の方とか

しみったれた草食男子の方は

今回は読まない方がいいよぉ。

そんな方たちの夢は一瞬で崩壊する可能性があるので。















長尾は占いを信じないのです。



根拠はそれなりにある。

長尾は人数の多い女子校に通ってたのですが

同じ学年に、生年月日と血液型が一緒のコがいた。

長尾とは全てが対極にあるような

おだやかで、物静かで、知的で、

やまとなでしこみたいな感じのコだった。

生年月日で占うと、このコと結果が全部同じになる訳ですよ。



ありえないねって。

向いてる仕事とか、恋人のタイプとか。

絶対違うって。ていうか多分カスってもない。



そんな訳で、

占いは基本的に信じない長尾が確立した。



なのになんで

毒舌女 VS 占い師なのかと言えば、

無理やり占いを受けさせられた(表現あってる?)ことがあるのです。

ダンサー時代にね。

自分が出たイベントに占い師がゲスト的に来てて、

出し物の合間合間で、お客さんつかまえて占ってる感じで。

それで長尾のダンス見に来てた後輩がね、

これまたミーハーなコなんだけど

その占い師に見占ってもらったらものっすごい当たってた、

って言うんですよ。

今日はお試しで1000円だけど、

本格的なコースは5000円でやってるっていうから

予約して行こうかとまで言ってる。



ハイハイ。

ていうかそもそもさ、

占いって「現在」を言い当てるモノなの?

「未来」を占うモノじゃないの?

だから占いが当たってるか当たってないかってさ、

未来にならないとわからないんじゃないの?

もうね、意味不明ですよ。

でもこのコお目目ハートで全然聞いてない。

まさに新興宗教に引っかかる典型タイプかも。

「ユリさんも占ってもらってくださいっ!!」

えーーーー、やだよ。

くだらない。

しかも1000円!?

イイ仕事してんねー、占い師。

「アタシが1000円払いますからっ!!」

出た~カモ鍋オンナ(笑)

いつから占い師の営業担当になったんだよ?



そのコがあんまりしつこいから

で、正直ちょっとうるさかったから

夢をぶち壊してあげようと思ってね

占ってもらうことにした。

絶対当たらないと思うけど

ものすごく残念なことになるけど

絶対1000円返さないよ、っていう約束で。



占い師は部屋の隅のちょっと影ったテーブルに座ってた。

周りには軽く人だかり的なものができてた。

女子女子女子。

女子はほんと占い好きだよね~。

カモ鍋はそんな人だかりをかきわけて

占い師に漱石を渡しながら

「この人占ってくださいっ!!」

長尾の手を引っ張って座らせた。

占い師はカモ鍋を見て、あー先ほどはどうも的な会釈をした。



ちょっと小太りのチビな男だった。

テーブルには謎のクジャクの羽が置かれてた。

カードもあって、タロット占いということだった。



カードを切ってくれ、って渡されたので

切った。

占い師は終始しゃべっていた。


「隠し事なんかはないですか?カードに出ちゃいますからね(笑)」


出てきたらちょっとは占いを信じてあげますよ。


「今までにどなたかに占ってもらったことかありますか?」


「最近調子はどうですか?」


「おきれいですね。モテるでしょう?」





占い師が質問するんじゃないよ!





隠し事すらカードに出るんでしょ?

じゃあ長尾が口開くまでもないでしょ。

黙秘黙秘。

断固黙秘しまーす。





ちょっと長くなっちゃったので



続く












言い忘れた












悪質アプリ対策で言い忘れたからちょっと続編します。


長尾が最も悪質だと思ってるアプリは

アレですよ。



アプリの説明文には「無料」って書いてあって

アプリをインストールして、

ちょっと中の記事を読み進めようと思って「もっと見る」を押したりすると

ユーザー登録しろって出るヤツラ。

たしかにお金は発生してないですよ。

でもお金の代わりに個人情報を提供させる訳です。

これは悪質でしょ。

大概、手に入れたメールアドレス宛に宣伝メールを送りつける。

場合によっちゃいかがわしい迷惑メールがくる。



メールだけならまだしも

名前、電話番号、性別、年齢、住所なんかは

場合によってはそれだけで数千円(意外と少ないね)になるそうで

なんだ、数千円か、じゃないよ?

このアプリが何万人にもダウンロードされたりすれば

ちょっとしたお金持ちになれるよ。

そいつらが儲かります、くらいだったらまだいいけど

自分の情報どっかに売られて悪用される可能性がある。

有料アプリとか広告なんかとは根本から違ってアクドイ。

犯罪の可能性がある訳だから。



しかもこういうアプリはね、

長尾が前回書いたみたいに

アプリの権限を持たせずに作ることができちゃうんですよ。

ユーザー登録させる時は、

アプリの中じゃなくてブラウザ(WEBサイト)が開くようになってるから。

意味わかんない人もいらっしゃるかとは思うけど、周りくどくなるので説明は省きます。

とにかく、登録系って、特に権限が必要ない。

だから、インストール時に明確に危険性がわからない。

なので使ってみるまで見分けられない、とも言える。



あくどくないアプリももちろんたくさんありますよ。

Twitter, Facebook, mixi, Instagram, などをはじめとして

今はほとんどのアプリがソーシャル化(登録して知り合いを増やしていく感じのアプリのこと)してるんじゃないかってほど。

あーやってお友達とつながったり、何らかのデータを「インターネット上」に保存する場合は

ユーザーの登録が必要になるけど、

ちょっとアプリの中の読み物とかを読むのには必要ないはずなんですよ。

だから、登録してね、って出てきたら

お友達と繋がる系アプリか、とか

撮った写真をインターネット上のスペースに保存したりするアプリか、とか

ちょと立ち止まって考えてみて。

そもそも「ユーザー登録がないと使えない機能がついてるアプリ」なのか、って。




そして、さっきは「使うまで見分けられない」って書いたんだけど

だいたいはある程度匂いでわかる。

マーケットのアプリ説明とか、アプリのタイトルとかに

「無料」

って書いてあるのは怪しいヤツが多い気がする。

(ゲームとかは正直よくわかんない。課金が前提で作られてるのが最早定説な気もするし。)

Facebookとかさあ、「無料」って書いてないよね(笑)?

無料って書いてある、ってことは

何らかのタイミングでお金がかかったり(説明文の「無料」は「あくまでもはじめは無料」の意味)、

ユーザー登録させようとしてくる可能性があるって

ひとまず思っといたほうがいいと思う。

しかもこういうアプリって内容薄かったりするんだよね。

彼らにとっては、登録してもらって、メールを送りつけるほうがメインの仕事だから。



それでもどうしても登録したいとか思って

不安もある、っていう場合は

そのアプリを作ってる「デベロッパー」が誰なのかを見てみるといいかも。

パソコンからのGooglePlayだったら

「その他の情報」のところの

「このデベロッパーのウェブサイトにアクセス」っていうリンクをクリックすれば

デベロッパーのサイトが出てくる(これは、アプリをマーケットに出す人は全員載せなきゃいけないことになってる)。

で、サイトを見て、いかがわしい感じかどうかの判断はみなさんにお任せします(笑)

スマホの場合はアプリ説明ページの下の方の

「デベロッパー」のとこの「ウェブページにアクセス」からいけます。



あとは、そのデベロッパーが他にどんなアプリを作ってるのかを見てみるといいかも。

パソコンからのGooglePlayだと

アプリの説明ページの一番したに

「このデベロッパーの他のアプリ」っていう欄があって

そこに、同じデベロッパーが作ったアプリたちが並んでいるはず。

この項目がないってことは、そのデベロッパーは

「そのアプリしか出してない」ってことになる。

スマホからのGooglePlayだと

「××××のその他のアイテム」

っていう欄に並んでる。

すぐ右にある「もっと見る」とタッチすると全部出てくる。

スマホの場合もこの項目がない時は、

そのデベロッパーはアプリ1こしか作ってない、ってことになる。



アプリ1こしか出してないのに、登録させようとする規模のもの作ってるって

なんとなくちょっとグレーだと思う。

いっぱい出してるデベロッパーの場合は

「ダイエット」「頭がよくなる」「お悩み解決」「アダルト系」「開運」とかがズラっと並んでたら、

長尾はインストールしない(笑)

ストレートに人間の欲望に訴えかけてくるようなのとか、弱みにつけ込もうとする感じのは

怪しいなって思うタイプです(笑)



長尾の個人的な見解も入ってるから

ご参考にとどめてくださいねー。

でもたぶん、怪しいアプリを見分けることより

欲望に目がくらんでる時に思考にストップかける、

っていうのが一番難しいのだろうけどね(笑)










2014年2月3日

悪質アプリ対策














悪質アプリに気をつけろ!



って言う前に

ちょっと待って、って思う。



「悪質」って何?

いろんなサイトで悪質なアプリについてあーだこーだ書かれてるけど

エンジニアの視点からすると

「それって別に悪質じゃなくない?」

っていうアプリまで排除されてしまうようなことが書かれてたりする。

逆に対策がずれてて、

それじゃ悪質アプリを防げないよ、っていうことも書かれてる。



今日はスマホアプリエンジニアの長尾有里子が

悪質だと思うアプリ、

そうでないと思うアプリを分類して解説してみようと思います。

あ、Android限定です。



①悪質だと思うアプリ

電話帳、写真、音楽、所有者の電話番号、メールアドレスなど
ユーザーに知らせずに、スマホ内のデータを勝手に外部に送信するアプリ



②クソアプリだけど悪質ではないと思うアプリ

電話帳、写真、音楽、所有者の電話番号、メールアドレスなど
スマホ内のデータが勝手に消えてしまう

動きがモタついてイイ感じに画面が動かない、よく固まったりする

強制終了を繰り返す



③クソでも悪質でもないアプリ

広告が貼ってある



はね、完全にクロって言っていいと思う。

これをやってるアプリがあるとすれば

そのデータを使って何らかのお金儲けをする、ってことだと思うから。

見分け方はいろんなサイトに載ってる通り。

アプリをインストールするときに

「アプリの権限」って書かれた四角がバンって出てくるので

同意する、をタッチする前に

どういうことをしようとしてるアプリなのかをチェックすればいい。

例えば「アイコンカスタマイズ」のアプリなのに

権限のとこに「電話」って書いてあったら

ちょっとおかしいな、って思ったほうがいい、ってこと。

こういう「おかしいな」の時は、インストールする前に

同じアプリを使ってる人に聞くとかしたほうがいいと思います。

レビューを見るのもアリ。

ただし、レビューを参考にする時は、とにかくいっぱい見てほしいです。

上の方にある1、2個見ただけじゃ何の参考にもならない。

そのアプリの関係者が、「いいアプリですよー」とか書いてるかもしれないじゃん。

レビュー見る時は、100個くらい目を通すつもりで、が基本だと思う。




はね、これは意見割れるかもしれない。

長尾的には↓

はさ、ユーザーさんにデメリットがあって、アプリ作ってる側にメリットがあるじゃないですか。

作る側が狙ってやってる、ってこと。

でも②はね、誰にもメリットないんですよ。

作る側は別に狙ってやってない、ってこと。

もしも「人が困らせることが快感」っていうエンジニアが作ってたらあるかもしれないけど。




作ってるこっちは、誰も好きで強制終了させたりデータ消したりしてないんですよ。

データ消えてね、ユーザーさんはものすごくがっかりするし頭にくると思うけど

エンジニア陣も相当な打撃食らうから(笑)

場合によっちゃ、休日とか睡眠時間とかなくなるから(笑)

動きが遅い、反応が鈍いとかもね、できるだけ改善しようとしてますよ。

作るからには、みんなが喜ぶ、便利なアプリ・システムを作りたいって、

少なからずエンジニアはみんな思ってると思う。

「すごいそう思ってるエンジニア」と「ちょっとはそう思ってるエンジニア」がいるのは否めないけど(笑)

なので

「ユーザーさんが満足しないアプリ」は「クソアプリ」だけど「悪質ではない」

ってことになります。長尾的には。

いいエンジニアが作ってるアプリは、必ず改善されていくと思うので。




はね、これ結構びっくりしたんだけど

ユーザーさんのレビュー見てると

広告貼ってあるってだけで「悪質」って書いてあるのです、マジで。

最近はみんな慣れてきて広告貼ってあるの当たり前っていう流れもあるっぽいですけどね。

エンジニアからしたら、こっちがこんな苦労して、お金かけて作ってるのに

それに大して1円も払いたくないユーザーさんなんていうのは

こっちから言わせてもらえばね、悪質ユーザーですよ。

しかも自分でお金を払う訳じゃない。

広告出してる会社が払う訳だから。

例えばテレビなんて、広告の塊じゃないですか。

広告を悪質だと言うのなら

テレビのこと「悪質だから見ない」ってことになるけど、そんなこと言ってる人いなくない?

むしろ「話題のCM」とか言っちゃって、広告を楽しんでる節すらあるように見えますよ。

有料アプリはヤダ、

自分でお金を払わない広告すらヤダって言われたら、

もうね、アプリなんか出せないですよ。

アプリはタダじゃ作れないので。

データを置いておくサーバの管理費、最新技術の書籍代、テストするための端末代、

結構いろいろとかかるのです。

ただ、ユーザーの動きに追従してくる広告はちょっと悪質だなあとは思う。

最初は画面に出てないのに、絶妙なタイミングで画面に現れたり、

次の画面に進むボタンが広告と広告に挟まれててすごい押しづらかったり、

そういうのはね、多少悪質だと思う。

なので(まとまってるか微妙だけど)、広告が貼ってあるのは当たり前だと思っているので

③はシロ、ということになります。長尾的にはね。





①②③に照らし合わせると

LINEなんかものすごい悪質ってことになる。

インストールから初期設定まで、何も考えずに「はい」で進んだら

自動的に電話帳のデータがLINEのサーバにごっそり送信される訳ですから。

でも大人気じゃん。悪質なのに。

他の企業がやったら「悪質」になる部分が、

LINEのユーザーさんにとっては「楽しい」になってるっぽいですよね。

懐かしい同級生とつながったり、元恋人を発見しちゃったりしてね。

自分のデータをごっそり持っていかれてはいるけど、そのデメリットよりも

「楽しい」「おもしろい」っていうメリットが勝ってるから成立してるんだと思うですよ、

あのサービスは。



そして、誰にも悪質って言われてないけど、

長尾が出してるアプリは悪質だと思いますよ。

だって毒吐いてる訳だから。

ユーザーさんがムカっとかくるかもしれないことを想定して

そういう内容でお届けしてる訳ですから。

作る側が狙ってやってる、に入ります、コレは。




これだから他のサイトが対策述べてる「悪質アプリの見分け方」はダメなんだよね。

全然悪質なの許しちゃってるよ。

まぁ、許してくれないと長尾はアプリ出せないのだけどもね(笑)




いずれにしても、「悪質」って言葉に左右され過ぎずに

自分が楽しくなるアプリに出会えたらいいね、と長尾は思います。











2014年2月2日

不満足なカラダ












「アタシもやっぱ、自分の人生だからスキなことやろうと思う」



いやいやいやいや

あなたもわたしも

生まれた時から四六時中

好きなことだけやって生きてきていると思いますけどねえ。



スキなことやろうと思う、ってね

これ長尾妹のセリフです。



長尾には年子の妹がおります。

そして妹には夫と3歳の息子がいます。



ことあるごとに

「ゆりはスキなことやれていいよね」

てなことを言う妹。

妹的には

旦那がいて、子供がいて

自分の自由になる時間がない、

長尾には旦那も子供もいないから

自分の自由になる時間がある、

つまり

「自分のスキなことができる」

ということらしい。



この2つの事象は一緒にすべきではないと長尾は思うんですけどねぇ。

A, 自分の時間が取れる

B, 自分のスキなことができる

全然別の話じゃん。

物理的なことと、哲学的なことじゃん。



Aに関してはね

正直、みんな一緒だと思う。

だってね、

妹は旦那と3歳児に拘束されてるかもしれないけど

拘束ってことで言ったら

フリーランスとはいえ長尾は1日9時間、週5で拘束されてる。

世の中の自由気ままな社長と言われる人だって、

自分の会社を成り立たせることに拘束されてる。

人類はみな、常に何かしらのモノに拘束されて生きていると思う。



ただ、何に拘束されるのか、だよね。

妹は家族に拘束され

長尾はアプリに拘束されてる。



3歳児の破壊力が半端じゃないのは知ってる。

彼が長尾家にやってきたとき

冷蔵庫200回くらい開け閉めしてたし

長尾の超お気に入りのガラスのデスクが、新聞になったかと思うくらいスタンプ押してたし

猫のトイレでどうしても砂遊びしたいってひっくり返って泣き叫んでたし。



なんだか自分はものすごいモノに拘束されてる、っていう気分になるのかもしれない。

アプリに拘束されてる長尾がとてもラクしてそうに見えるのかもしれない。

変テコなアプリ出しまくってね、遊んでるように見えるのかもしれない。

でもさ、これって単なる選択の問題なんじゃないの?

と長尾は思う訳です。

妹は結婚、出産、家族を希望し「主婦」という職業を選んだ。

長尾は孤独を希望し「毒舌女エンジニア」という職業を選んだ。
(生涯かけてなかなか見つからない結婚相手を探している、とも言える)

それだけのこと。



そして本題のB。

スキなことって何?

長尾は「スキなことする」っていうのは

やりたいことやる

欲しいモノを手に入れる

なりたい人間になる


ってなことだと思ってる。

妹も、およそそういう意味で言ってると思う。



例えばさ、

ショートケーキを食べたい

が「やりたいこと」「欲しいモノ」だったとする。

で、ケーキ屋さんに行ったらショートケーキだけ売り切れてた。

・・・

迷って、代わりにチョコレートケーキを買った。



はいここ注目。

「迷って」

迷うってことはさ、「選択肢」があるよね?

そしておそらく、チーズケーキ、ティラミス、ミルクレープ、タルトなど

様々なケーキの中からチョコレートケーキを「選んだ」よね?

でもさ、選択肢はまだあると思う。

他のお店に行く、今日は諦めて明日もうちょい早く来る、自分で作る、

という選択肢が見えていればまだショートケーキは射程圏内にある。

でもこの選択肢、ちょっと手間がかかったり、我慢が必要だったりする。


ちょっと明日まで我慢してショートケーキ食べるか


我慢の代わりに妥協してチョコレートケーキにするか



スキなことできてない、っていう言う人ってさぁ、

チョコレートケーキに飛びついてない?

そしてそもそも、

選択肢の中から「ちゃんと『スキなもの』選んでる」ってことに気づいてなくない?

って長尾は思う。



スキなことをやろう、とするんじゃなくて

すでにスキなことしてる、ってことに気づいたら

それだけでちょっと

満たされない思いみたいなモノは解消されるのでは?



そして、ほんとにスキなことをやりたいなら

チョコレートケーキに飛びついたらダメだよ。

永久にたどり着けない。

ほんとにスキなことのために

我慢しなきゃいけない、めんどくさい、を選ぶ。

安易に2番目に飛びつかない。

そういうスタンスが絶対必要。



なんでこんなこと言うのかっていうとね

長尾は全然「スキなこと」できてないんですよ。

ゆりはいいよね、って

全然やれてないんだって!!



一生働かないで遊んで暮らせるオカネがほしい!!



食べても食べても太らないカラダがほしい!!



世界中の動物たちが、人間に虐げられない世界が欲しい!!



無理だよね。

あーほんと

欲のない人間になりたい(笑)










2014年2月1日

明日、バカがいない











日テレのドラマが打ち切りだ、内容変更だ、って騒がれてるみたいですけどね

そんなこと割とどうでもいいんですよ。



長尾の家にはテレビないんで。



テレビがないって言うとね

「じゃあワンセグで見てるんですか?」

って言われることがありますけど

テレビ見たくないから置いてないのに

なんでわざわざセグるのよ、と。



なんで見たくないのかって、

そんなの

テレビを見るとバカになるから

に決まってる。

これでもかってくらいベタな話ですよ。

もう定説ですよ。



実家にはテレビがありましたので

長尾はテレビと共に育ちました。

結果、

自他共に認めるバカになりました。

ほら、やっぱりテレビを見るとバカになるんですね。



実家に住まなくなって3年半、

テレビと離婚して3年半、

もうね、効果テキメンなのです。

なんてったって、

長尾のバカの進行が止まったからね。

バカじゃなくなった訳じゃないですよ?

バカは死んでも治りませんからね。

ただ、

横ばいになった。

これ以上バカにならなくなった。

間違いない。

今現在のバカ度になんとか留まることができた。



だってね、

これ以上バカになっていたら、どういうことになっていたかというと

まずおうちの場所がわからなくなって、

次にお箸の持ち方がわからなくなって、

最後には自分が人間だってことがわからなくなってた訳なのですね。

どこかの小学校の百葉箱(おうち)の脇にしゃがみこんで、

優雅に納豆を手づかみで食べ、

自分をダチョウかなんかだと思ってる長尾になってたってことです。

こんな長尾とは誰も関わりたくないと思われてただろうし、

各方面から病院かなんかも紹介されることになってたと思う。

まだダチョウになってない「人間の長尾」とすら関わりたくない人はたくさんいると思うし

すぐにでも病院送りにしてやろうと思ってる人はわんさかいるとは思うけどね(笑)

ま、そういう幸せな現実は置いておいて(笑)




そんなのはイヤなんです。

バカになるのはイヤなんです。




だからテレビとは別々の人生を歩むことにした。




それなのにNHKの受信料徴収兵っはしつこく長尾家に来ます。

テレビないって言ってんのに。

テレビ見たくないって言ってんのに。

テレビ見たらダチョウになるって言ってんのに。



そして彼らも冒頭の方々の例に漏れず、

長尾がこっそりセグってんじゃないかって

使ってるスマホの機種まで聞いてくる。

携帯電話という神聖なプライバシーの領域に踏み込んでくる。

これね、セクハラですよ。

ストーカーですよ。

なんだって顔も知らないあなたに

長尾がスマホ使って何やってるか言わなきゃいけないの?

だからさ、

テレビは見たくない

って言ってるじゃん。



後から料金取り立てるシステムには無理があるってわかってやってるんですかね?

テレビを購入する時、オプションにでもすればいい。

NHK見たいなら契約してね、って。

テレビの販売数が落ちようが、紅白がなくなろうが

知ったこっちゃないですよ。



そしたらテレビ買う人なんかいなくなるかもしれないですね。

そしたら日本からバカが消えるかもしれない。

明日、バカがいない訳ですよ。



そうするとバカは長尾一人になる訳です。

やった!

1億人に一人の逸材に成り上がれる!

スターへの階段を一気に駆け上がれる!



そんな事態にならんとも

すでに救いようのないバカなので

ある意味もう叶ってるんだったー