2014年12月3日

バグってたら直すんdeath

















うちのコアプリ

緊急バグ対応

をしたのです。


















画面が開かない



















というコメントと共にGooglePlayで★1つがついちゃいましたからね。

これはもう梵字de神ッテルにとってかつてない由々しき非常緊急事態ですよ。





だって画面開かないっていったらさあ

始まる前に終わってるっていうか

お前はすでに死んでいるっていうか

長尾はすでに人間じゃないっていうか




つまり

もはやアプリじゃないんですよ。

画面が開かないんじゃさ。

全くもってお話になりませんよ。



その時のユーザーさんの気持ちになったらさ

刻一刻死が迫り来る慌ただしい人生を送る最中

こんな不幸でちっぽけな人生にささやかな幸運が

もしかしたら舞い込む期待に胸を膨らませて

その傲慢で怠慢な親指をやっとの思いでインストールボタンの上に持っていって

ともするとブラックな企業で汗水じゃ足りずに血液垂らして

睡眠すらまともに取らずに働き蜂のごとくあくせく働いて稼いだ命よりも大切なお金を

話す相手もロクにいないのに

無駄にかけ放題がセットになったキャリアのスマホプランに注ぎ込んで

風前の灯火のごとき今まさに燃え尽きようとする地下鉄車内の極弱の電波の中で

優先席すれすれの何万人の手垢にまみれたつり革を片手で握りしめつつ

周囲から注がれる「ここでスマホ使うなよオーラ」に神経をすり減らしながら

身銭を切って命からがらやっとの思いで

ギリギリのところでアプリをインストールして・・・
















からの



























画面が開かない
























な訳ですから。

私の人生どうしてくれるんだって長尾を訴えなかったユーザーさんは

女神様以外の何者でもないよね?

本当にありがたい話ですよ。





「至急対応します」って即コメント返して

いざ取りかかろうと恐ろしく久しぶりに神ッテルのソースコード見たら




















画面を開くためのプログラムがそもそも書かれてなかったんだよね・・・笑

そういえばこのアプリ作った当時そういうスキルなかったんですよ。

ウィジェットをタッチしたら画面が開くようにする、なんて超基本的なとこなのに。

そんなことすらできなかった長尾によって作られた古めかしいアプリだったのです。

どこが神ッテルやねん・・・笑





ってことはつまりさ、

バグで画面が開かなくなったんじゃなくて

決して画面が開くことのない作りになってる終わってるアプリだってことを忘れていた

長尾の脳みそのほうがバグだったってことなんだよね。






一応、画面が開くようにしてアップデートしておきました。

ついでに残念な思いをちょっとでも晴らして頂けるように

おみくじ機能もつけときました。

梵字の御利益と

おみくじのドキドキ

一石二鳥のアプリとなった訳です。












めでたしめでたし。














2 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS:
    凄まじいオチですね(^O^)/
    予想を遥かに超える着地でした!
    今までインストールしたかたが、
    そっとアイコンを消す姿が目に浮かんで
    涙が滲んできました(T ^ T)

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS:
    ��ウニィグ隊長さん
    そっと消されるって切ないですよね。
    いっそ罵声を浴びたいです(笑)

    返信削除