2014年5月30日

毒舌女の結婚観














どーも。

結婚したことがない毒舌女長尾です。

結婚したことがないから、当然バツもついてない。

戸籍のきれいさでは負ける気がしない。

戸籍以外の汚さでも負ける気がしない。



先日たまたま

食事の場で結婚制度について激論が交わされていたんですよ。

結婚制度は間違いだ、と主張する50超えの男性、

対するは、結婚制度は必要だ、と主張する30ギリッギリ手前の女子。

戦いの火蓋が切って落とされる前から軍配がどっちに上がるかは決まってたけどね。

こんだけ不幸な子供が溢れかえってる現代、結婚制度がイケてる訳がない。




制度っていう難しい言葉とか

人類・地球にとって、っていうのを抜きにするとして、

長尾的に、個人的に、結婚ってどうなの?って考えてみる。



長尾は何かするとき、

それが自分にとってメリットとデメリットがどれくらいあるのかを考える。

自己中なんで。あくまで「自分にとって」です。

そしてエンジニアですからね。

考えられる全ての可能性を考慮してメリデメを算出します。

それでも、長尾の考えつく「全て」なんて、全く持って「全て」にならない。

長尾の目は節穴ですから。

自分の目が節穴だ、っていう前提で無駄に考慮する。




長尾の考える「結婚」におけるメリデメ



■メリット

長尾が出張する時に、たまたま配偶者が家にいれば、ネコたちにご飯をあげてもらえるかもしれない



■デメリット

一人で住むより居住スペースが狭い

同じ家に他人がいるので気を遣う必要がある

相手が仕事を失った場合など、経済的に相手を助けなければいけない

せっかく好きだと思っていたのに、毎日顔を合わせて飽きて相手を嫌いになる可能性がある

一緒にいることが苦痛になった場合、契約破棄の手続きなどモロモロに多大な労力がかかる





メリットって書いてはみたモノの、

相手に期待することが全ての不幸の始まりだ、くらいに考えてる長尾ですからね、

本心では、ネコのご飯すら期待しない。

その時相手も出張だ、ってことになったらもう無理じゃん。

長尾にとっての結婚のメリットはその時点で皆無になる(笑)

結婚=一緒に住む、っていう暗黙のルールがまずキツい。

好きだと思った曲を1曲リピートして、もう二度と聞きたくない!

って思ったことが何度もある長尾。

自ら好きな曲をトラウマ曲にしてしまった。

「飽き」っていうのは「嫌悪」に近いと思ってる。

なので、毎日顔を合わせることで、

せっかく好きだと思った人を嫌いになってる長尾を想像するのはたやすい(笑)



まあね、結構何十年も人間やってる長尾ですから

今までに親・親戚をはじめとした数々の方々に

結婚のメリットとやらを刷り込まれそうになってきましたよ。

でも大概が、長尾のメリットじゃなくて親のメリットだったりするんだよね。

食べさせてくれる人がいて安心、とかさ。

打ち出の小づちと結婚するとでも思ってんのかね(笑)?

相手は人間ですよ?生きてるんだよ?ナマモノだよ?

怪我はするわ、病気になるわ、普通に死ぬんだよ?

しようと思えば離婚っていう契約解除だってできるんだよ?

どこが長尾の安心につながるのかさっぱりわからない。

この子が食べて行けるようにしなきゃ、って思ってる立場の人が

結婚するってことで、一瞬なんとなく安心した気分になれる、

そうマヤカシテもらえる、ってだけのことじゃん。

それを証拠に、長尾がエンジニアになってから、誰も結婚しろって言わなくなった。

それどころか

やっぱりゆりちゃんは、家事とかも元々苦手だし、外に出て仕事してる方が合ってる、って

おいおい、今まで言ってたことと真逆じゃん(笑)

すでに起こったことに対してあーだこーだ言うって誰にでもできますからね。

長尾の行く末を本当に心底心配してくれるなら、

一生の生活に困らないだけの現金をくれればイイだけのことだったんですけど。

それができないのなら

一生お金を稼いで生きていく方法をおしえてくれればイイだけのことだったんですけど。

いついなくなるかわからないナマモノと一緒になるよりは

よっぽど確実だと思いますけど。



こういうこと言うとさ、

冷たいとか、人の心を持ってないとか、

そんなこと言われたりもしますけど

まあ確かに冷たいけど、

曲りなりにも人間なんで、心はあるつもりですよ。



愛とか恋とかってよくわからないけど

みんなが言ってる「人を好きになる」っていうのは

要するに「その人に興味を持っている、関心がある」ということだと思ってる。



ここに一組、お互いに興味を持ち合っている男女がいるとする。

お互い興味がある訳だから、一緒に過ごす時間がそれなりにあるとする。

居住スペースが大して気にならない場合は、一緒に住む、

っていうケースもあると思う。

結婚をしていなければ、一緒にいる理由が「お互いに興味があるから」ってことになる。

ひとたび結婚をしてしまうと、

相手に興味がなくなった、くらいでは契約を解除しないかもしれない。

実際そうですよね。世間体とか、子供とか、食べていくスベがない、とか。

離婚したくてもできない、なんていう人はゴロゴロいるらしい。

その場合、その男女が一緒にいる理由は

「お互いに興味があるから」じゃないかもしれない、ってことになる。

結婚をすることによって

「アナタと一緒にいるのはアナタに何らかの興味があるからですよ」

って証明できなくなるじゃん。

好きで一緒にいるのか、

契約上仕方なく一緒にいるのか、

区別しづらくなるってことですよ。

お互い興味があるのに、それがわからない状況は残念。

お互い興味がないのに、一緒にいなきゃならない状況も残念。

ものすごく個人的に長尾はそう考えてます。



こんな長尾が結婚する日が来たらそれは、

結婚における画期的なメリットが見つかったってことになります。

乞うご期待(笑)!!










16 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ��長尾有里子(毒舌女エンジニア)さん
    ミラン星はあまえる女が人気ですよ(笑)

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS:
    楽しい方です。あなたは。
    一生働かなくてすむ金を手にしたら真っ先に
    長尾有里子さんに伝えて結婚申し込みます(笑)
    好きに仕事していただいて、僕が家事をやりますから。
    大金が入り次第連絡しますね!
    美人な長尾有里子様へ

    返信削除
  3. SECRET: 0
    PASS:
    いや~、こうなると絶対に長尾さんには結婚してほしい(笑)
    いち長尾さんのファンとしての願いですね。
    結構、長尾さんみたいなタイプ好きな男性、多いとおもいますよ。

    返信削除
  4. SECRET: 0
    PASS:
    ��ウツウツ君さん
    47でおこちゃまじゃどうしようもないですね。

    返信削除
  5. SECRET: 0
    PASS:
    ��ミランさん
    ミランさん、いつから毒吐くようになったんだろ(笑)

    返信削除
  6. SECRET: 0
    PASS:
    ��長尾有里子(毒舌女エンジニア)さん
    あま~い毒ですよ(笑)

    返信削除
  7. SECRET: 0
    PASS:
    ��ウツウツ君さん
    馬耳東風ですか(笑)

    返信削除
  8. SECRET: 0
    PASS:
    ��ミランさん
    ほう、ミラン星ではこういう女が比較的モテるんですか?
    すてきな星ですね(笑)

    返信削除
  9. SECRET: 0
    PASS:
    申し訳ありませんが、戸籍以外の汚さは私も誰にも負ける気がしません!
    先日、「お前の心には鼻糞が付いてる」などと親戚に罵られました。

    返信削除
  10. SECRET: 0
    PASS:
    ��長尾有里子(毒舌女エンジニア)さん
    かなり一方的な意見ですみません。
    でもね!それだけ魅力的ということです。
    長尾有里子さんがね!
    子供みたいですけど、好きなんですもの!
    47にしてまだまだおこちゃまなんですね!
    いつも素敵ですよ!長尾有里子さん。

    返信削除
  11. SECRET: 0
    PASS:
    ��ミランさん
    あまえる女に甘い毒ね。
    奥歯にしみるぜ(笑)

    返信削除
  12. SECRET: 0
    PASS:
    ��マイトさん
    それは自負ですか(笑)?
    長尾もさすがにそこまでの境地にはたどり着いてません(笑)!!

    返信削除
  13. SECRET: 0
    PASS:
    ��Meguさん
    馬耳東風2号現る(笑)
    こういう考え方のオンナが、まかり間違って結婚したとしても、結婚式なんか開く訳ないでしょう(笑)
    あ?まかり間違ったついでに開くかもしれないか。
    そこまで読んだなら鋭い(笑)!

    返信削除
  14. SECRET: 0
    PASS:
    ゆりこちゃんの結婚式呼んでね!*\(^o^)/*

    返信削除
  15. SECRET: 0
    PASS:
    人は、判断力の欠如により結婚し、忍耐力の欠如により離婚し、記憶力の欠如により再婚する、という名言があります。
    メリット・デメリットを並べて考えているうちは、結婚はしないでしょう。それは冷静に判断できているからです。
    結婚する時は、決して「画期的なメリットが見つかった時」ではありません。メリットデメリットなんて考えられなくなった時(そのくらい好きになった時とか、まあそういう時)だと思います。

    返信削除
  16. SECRET: 0
    PASS:
    ��furusawa326さん
    長尾的には、画期的なメリットが見つかったと思い込んでいる状態こそ冷静さを失っている状態なのです。
    そしてfurusawa326さんは果たして冷静に結婚をされたのだろうか・・・(笑)

    返信削除