2014年3月4日

テーマパークダンサーの実態 その2












前回は舞浜の書類から一次審査までを書きました。

今日は、関西方面のテーマパークオーディション事情に触れたいと思います。

銀行っぽい名前のテーマパークです。



書類審査は舞浜とほぼ同じです。

ただ、こっちは確か、「25m泳げるかどうか」を書く欄があった気がします。

ウォーターワールドとか、ああいうショーの関係なのでしょうか?

これ、泳げなくても正直に書かないとダメです。

長尾は最終の面接で落選してしまったので実際には受けてないのですが

面接に通った人は、実際に25m泳いでもらうテストがあります。

結局嘘はバレちゃうので、オーディションを諦めるか

水泳の特訓をするかどっちかしかないです(笑)

舞浜のほうもミスティックリズムで水に飛び込んでる人いるのに、

水泳審査ないじゃないか、って思う方もいらっしゃるかもしれませんが

あれ担当してる人は「ダンサー」っていうくくりじゃなくて

「アクロバットダンサー」っていう、全然別口で雇われてる方だそうです。

冒頭のチョウチョひらひらしてる人はアクロバットな方なのか、

ちょっとそこまではわかんないですが

上から落っこってくる猿とか、水に入ってる系の妖精とか神様的な人、

あとはラグーンシアターで、

天井付近で鉄棒ぐるりんこんしてるカサゴ的なお姉さんもアクロバットダンサーだそうです。

横道に反れましたが、書類はほぼ舞浜と一緒です。



一次審査。

舞浜と大きく違う点、

受付直後、身長と体重をその場で測定されます。

書類で嘘書いてるのは開始早々にバレます(笑)

基本そのままの服装で測られるので、

過去に受けたことある子は

脱ぎ着できる服とか、軽量の服を着て来てるような感じでした。



審査は前半が技術系審査。

バットマン、ピルエット、シェネ、ジュッテ、はたぶん毎年入ってると思う。

パドブレとかと組み合わせた普通のジャズのフロアエクササイズを

前の人がスタートしてからワンエイト待って出る形式でやります。

「横のバットマンはアームスの後ろに上げて!余裕で!」

って煽ってくる名物のお局様審査員の方がいらっしゃいます(笑)




これが一通り終わって、番号呼ばれた人だけ振りの審査に進みます。

進んでるのは3分の1くらいだったと思う。




何年か前受けた時、長尾の一つ前の番号が人が男の子で、

ほんとは「スタント部門」で受けるはずだったのに、

間違ってダンサー部門で書類を出してしまったらしく

ダンスなんか1mmもやったことがないってガクブル状態で話しかけられた(笑)

間違ったならそう伝えて帰る、っていう選択肢もあったと思うけど

どうやら挑戦する道を選んだようで(笑)

彼はとっては生まれて初めてのダンス。

周りの女子が華麗に飛んだり回ったりしてる中、

顔を真っ赤にしてものすごいモノを披露していた。

完全に挙動不審(笑)

番号が長尾の一つ前だから、ずーーーーっと長尾の前にいる(笑)

しかもその子、番号呼ばれて振りの審査に進んでさらにテンパってたっていう(笑)




これさ、(笑)って書いてるけど普通の人にはできないと思う。

恥ずかしいとかそういうレベルを超越しないとできないと思う。

単に男の子ダンサーが足りないっていうのもあるかもしれないけど、

できないことに、恥を捨てて全力でトライしてる姿っていうのは

後ろから見てて、確実に打たれるものがあった。

審査員の方はどう思ったかわかんないけどね。

そして長尾は審査に集中しろって話だけどね(笑)




そういえば、このテーマパークの現役ダンサーに昔、

舞浜よりも「目に見えるやる気や積極性」が審査されてるっぽい、っていう話を聞いたことがある。

シェネとかで目回ってぐらついても、部屋の端っこまでやり続けるとか、そういうとこ見てるっぽい、って。

やっぱりオーディションっていうのは総合的に審査されてるってことですね。



振り入れの審査は16エイトくらいだったかな?

ジャズ色が強めのテーマパークダンス、って感じの振りだった。

技術的には前半のクロスフロアを超えるものはなかった。



それと前半に登場したお局様、とにかく前髪を上げて、って言います。

審査の途中とかに、

「ピン持ってる子は貸してあげて!髪が多少乱れてても審査の対象にしないから!顔が見えないと審査できないから!」

とか叫んできます(笑)彼女は毎年例外なくアツいです(笑)

なので、オーディション当日は、あらかじめおでこが出るヘアスタイルで行ったほうがいいかもです。

長尾は受けたのは結構前なので、どれくらい参考になるか怪しいところもありますが

この頃は、審査員に欧米のおじいさんがいて

優しいんだけどビッグな雰囲気漂わせてたりした。

振りの最後は自分の好きなポーズをしてくださいって言われたので

キメキメで、おじいさんロックオンしてウインクしたりした(笑)

そういうノリも許容される雰囲気だった。

現に面接までいったし。

舞浜では、なんかそういうことはやらない方がいいっぽい空気が流れてる気がするのでやったことない(笑)

ただ、絶対こういう目立つことやったほうがいいとは言わない。

一緒に面接に進んだメンバーには、バレエ一色の上品な感じの子もいたし。

その子らしさ、とかを見てるのかもしれないし。



面接は圧迫面接法だった。

まんまと相手のペースに乗らされて、言わなくていいことを連発した記憶ばかり。

落ちて当然だと思ったのである意味クイはない(笑)

というか、こういうこと言う子絶対いらないだろうな、っていう決定的な一言すら言った(笑)



ここまで全部、1日でやった。

最後まで名前呼ばれたら、稽古着のまま、踊って息が落ちつききらないまま

すぐ面接だったから、そういう準備をしていったほうがいいと思います。

最近の詳しい状況はわからないけど。一応過去の前例として。



で、↑この流れは、割と大人数を集める年のオーディション(ゼネラルオーディション)の流れです。

あんまり空きがない年は、キャスティングオーディションっぽくなる。

オーディション始まって早々お局様が

「今回のオーディションは『こういう子が欲しい』っていうのがピンポイントで決まってます。

 ものすごい少人数しか取りません。

 なので落ちてもショック受けないでください。」


っておっしゃる年があった。

なんて良心的なオーディションなのでしょう。

こんな親切なこと言ってくれるオーディションは他に知らない。

長尾はこういうピンポイント系オーディションで残ったことはないなあ。



今回は少々昔話風になりすぎましたかね。

前回も言いましたが、最新の情報は長尾はわかんないので

ちょっとした参考程度にご活用くださいね。














12 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS:
    オーディション合格した、ダンサーは、何年位、そこで働くんですかね?

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS:
    ��ミランさん
    基本1年の契約です。
    次の年の外部オーディションの時期に、内部で同じ振りでオーディションする、って聞いたことあります。
    それに落ちたら次の年は働けない、ってことです。

    返信削除
  3. SECRET: 0
    PASS:
    長尾さんの捨て身の生き方が最高です。
    いや、捨ててはいないか。
    でも私なら、すべて捨てないとできないです。
    いや、捨ててもできないか。

    返信削除
  4. SECRET: 0
    PASS:
    長尾有里子様を落とすなんてけしからん!
    兎に角けしからん!
    長尾有里子様は一番何を目指しているのですか?
    女優?それともIT系で成功したいのですか?

    返信削除
  5. SECRET: 0
    PASS:
    ��長尾有里子(毒舌女エンジニア)さん
    失礼しました。
    満足しない長尾有里子様、ステキですね!

    返信削除
  6. SECRET: 0
    PASS:
    ��天王星人さん
    文豪のコメントがきた(笑)

    返信削除
  7. SECRET: 0
    PASS:
    ��ウツウツ君さん
    いやアレじゃ落ちるって(笑)
    目指してるモノっていうのは特にないですよ。
    特定の何かを達成することで満足できる生き物ではないので。

    返信削除
  8. SECRET: 0
    PASS:
    やはり、芸の世界は厳しいですね(^_^;)
    その世界に身を置いたことは、
    人生の肥やしになっていると思います。
    自己実現の道は険しい・・・

    返信削除
  9. SECRET: 0
    PASS:
    ��ウニィグさん
    自己実現の道は険しいです。
    そして青色申告の道もなかなかに険しいです(笑)

    返信削除
  10. SECRET: 0
    PASS:
    いきなりのコメント失礼します。。
    30歳過ぎてる人が書類に嘘書いてオーディション受けても意味ないですかね…
    20代の時は大丈夫でしたが、30過ぎたら書類で落ちてしまい、その後年齢嘘書いたら書類受かりました。写真は嘘偽りない最新のものでしたが。
    諦めきれないです…

    返信削除
  11. SECRET: 0
    PASS:
    ��ぷっちょさん
    バレてクビになったり、嘘を書く人間だという噂が広まってその後の人生に影響を及ぼすことまで考慮して、
    それでもどうしても挑戦したいっていうならご自分の判断で挑戦されたらいいんじゃないですかね(笑)?
    そういう行為・行動に、意味があるかないかはぶっちょさん自身が決めることだと思います。

    返信削除
  12. SECRET: 0
    PASS:
    ��長尾有里子(毒舌女エンジニア)さん
    コメント返信下さり、ありがとうございます!
    そうなんですよね…
    私自身、今も気持ちとしてとても惨めで虚しいです。それでもディズニー目指したくて( ; ; )
    社会保険完備って書いてあるし、どんな仕事やアルバイトも身分証明書を見せないで行ける所なんてないから、最初から無理なんでしょうけど…
    バカみたいな私の、ガチな悩みを書いてしまってすみません…(>_<。)

    返信削除