2014年2月20日

テーマパークダンサーの実態 その1

 










先日、映画に出てます的なことを言ったのですが

役者をやった期間っていうのは実はものすごく短くて

ホントは高校を卒業してから今まで

何をやっていたのが一番長かったかと言えば




忘れてたけど

テーマパークダンサー目指してた(笑)




残念ながら、採用されたことは一度もない。

千葉の方は書類→1次実技→2次実技で落選、

大阪の方は書類→実技→最終面接で落選、

が一番よかった時の戦績。

戦績はパっとしないけど

両方足したら10回以上は受けてる。

ご参考までに。



今回はその1ということで

千葉の方のオーディションの

書類と1次審査について書いてみます。



書類は普通。

千葉の企業のホームページから専用の用紙をダウンロードして

書き込んで、写真貼って、返信用のはがきを入れて郵送。

書き方どうしようとか色々あると思いますが

結構バカバカ通ると思う。

長尾は初めて送った時、

レッスン着のまま、レッスンスタジオで、

ダンス仲間に爆笑されながら、

使い捨てカメラでたった一回シャッターを切っただけの、

超ピンボケ写真を、

しかも履歴書に貼りつけず、

裏面に名前も書かず、

そのまま封筒に入れて送って、

書類通過(笑)



↑こういうのはオススメはしませんよ。

なんで写真貼らなかったのかっていうと、

お手紙用の封筒で送ろうとしたから

履歴書を折らなきゃいけなくて

写真を貼る箇所がちょうど折り目のとこで貼れなかったので

そのままポイって入れた。

絶対マネしないほうがいいと思う。

履歴書は最初から真ん中で折れてると思うけど

それ以上折らずに済む大きさの封筒に入れて下さい。



返信用のはがきには、自分の住所と名前を書くのだけど

様をつけるかつけないか、とか、いろいろある。

過去の事例で行くと

1、様をつけた長尾
  →通過

2、様をつけない、もしくは「宛」とかにしたコ
  →宛が線で消されて、様のはんこが押されて返ってきて、通過。

3、そもそも返信用のはがきを入れ忘れたありえないコ
  →通過(笑)


1か2でいいと思う。ご参考までに。
   



書類通ったら、最初の実技審査です。

テーマパーク付近にある、大きな体育館で行われます。

昔はテーマパーク内でやってたこともあったらしい。

入口ではがき見せてロッカーの鍵をもらって

着替えます。



で、体育館に入って、アップなりストレッチなりは各自でやる。

あ、そうだ。

この体育館、めちゃめちゃ滑るんですよ。つるっつる。

このオーディションの常連のコとかは知ってるから

濡れぞうきん持参したり、

無理してバレエシューズ履かないで、ジャズスニーカー履いてたりした。



でしばらくして、みんな集合、みたいになって、座って説明を聞く。

審査員の前で踊る時の並び方とか。

あいだ抜けの2列に並んで、一回踊り終わったら、

前後チェンジして続けてもう一回踊る。

曲はその都度初めに戻してくれる。



説明聞いたら、振り入れです。

決して難しくない。

ジャズ1年やってれば余裕な難易度。

だいたい、バットマンが一か所、ピルエットが一か所ある。

「ピルエットは余裕ある人はダブルで。」

とか振り入れのお姉さんがあおってくるけど

無理する必要は本当にない。

つるっつるの床で、緊張状態で、

非の打ちどころのないダブルを披露する自信のある方はどうぞ。




振り自体は簡単なんだけど、たまに2度足があったり

このテーマパーク特有の、個性的な動きとかステップが入ったりするから

慣れない部分がちょっと覚えづらいかもしれない。

全神経集中させて覚えてください。

ちなみに、この振り入れの間も審査員の方はもちろん審査してます。

もっというと、テーマパークの最寄駅降りたところからチェック入ってるそうです。

そのつもりで行動してください(笑)

で、1日数回に分かれてて、日をまたいで行われる1次審査ですが

それでも1回当たりの人数は相当です。

振り入れの時、見えない位置にいると致命的なので

「でしゃばり過ぎず」、さりげなくいいポジションをゲットしてください(笑)

たしか前後の入れ替えは1回くらいしてくれたと思うけど

期待しないほうがいい。




振り入れが終わったら、初めに踊る10人くらい以外は廊下に出されます。

ギリギリまで個人練(狭いけど)してください。

決して周りに迷惑をかけないように(笑)これも審査のうちだから(笑)

で、自分の番になって呼ばれて中に入ったら

指定されたとこに並んで、端から自己紹介。

名前、年齢、職業。一瞬です。

「長尾有里子です。19歳です。アルバイトをしています。」

がんばりすぎなくていいと思う。

目立とうとせず、自然体でいいと思う。




曲がかかって踊る。

前後チェンジして踊る。



以上です。



オーディション受けてた最後の年くらいから

1次審査の中で、0.5次審査みたいなのが導入されたことがあった。

曲の前半部分だけ、結構なスピードで振り入れされて

ざーっと踊らせて、3分の1くらいのコだけ名前呼ばれて

名前呼ばれなかったコはそこで終了、みたいな。

そういう年もあります。

最近はどうなんだろうね。



今日はここまでですが

また続き書きます。














4 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ディズニーランドのダンサーってオーディション通過するの難しいのかな?
    ミッキーマウスの中の人って何人いるんだろう?

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS:
    ��ミランさん
    あーまた天然様が・・・
    固有名詞を連発している・・・(笑)
    超狭き門ってことで有名ですよ、オーディション。
    ネズミの中には人は入っていない、ってことになってるんです。公式には。
    でもたくさんいるはずです(笑)

    返信削除
  3. SECRET: 0
    PASS:
    ��長尾有里子(毒舌女エンジニア)さん
    やっぱりミッキーに入る人が一番凄いのかな?凄い気になる。夜も眠れない。

    返信削除
  4. SECRET: 0
    PASS:
    ��ミランさん
    ネズミに入る人と、顔が出てるダンサーは
    オーディションが別枠になってます。
    ネズミに入りたい人は、キャラクターダンサー部門で受けるのです。
    倍率は、キャラクターダンサーのほうが低いと聞きます。

    返信削除