2014年2月5日

続 毒舌女 VS 占い師
















昨日の続きです。


















昨日は

占い師っていうのは占うことを職業としてる訳で

別に雑談してお金もらう人のことじゃないはずだから

長尾は黙秘を決めた、という辺りまで書いた。






長尾も人の弱みにつけ込む手法とかには

それなりにミーハーなんでね、

当然知ってた訳ですよ、コールドリーディングというヤツを。

あたかも占いが当たってるように見せかける技術。

実は相手にうまく質問してそれとなく聞き出して

それがカードによって示された、みたいに演出する技術。

占いなんてね、テクニックの集合体なんですよ。

夢でも超能力でもない。



なので必要最低限の質問以外は本当に黙ってた。

もしくは「どうかな?」「わかんないかも・・・」

とにかく「おしえない」を徹底。

じゃないとさ、

カードが示したのか、長尾が答えを言っちゃったのかわからなくなるから

本当に「占いが当たってるのか」がわかんないじゃん?

でもちゃんとサービスはしてあげたよ。

あんまり仏頂面しちゃうとアレだし。

占い師の方もリラックスして占えないかもしれない。

なのでスマイルでの黙秘。

で、てきとーに「うんうん♪」ってうなづいてあげた。



占「普段からあまりお話されないんですか?」

カ「違いますっ!ユリさん超おしゃべりですよっ!なんで黙ってるんですか!?」

長「初めての占いで・・・ちょっと緊張してます・・・♪」

占 「そうですよね。初めてなんですものねー。」



カモ鍋が「は?」って顔してる。

占われる、とは言ったけど、占い師とおしゃべりする気なんてないんですよ。



占「あなたが占ってほしいところ、一番知りたいところっていうのはどこですか?」

長「結婚・・・かな・・・♪」



女子って何かと結婚について聞きたがりますからね。

長尾とは今のところ

もしかしたら生涯無縁のキーワード。

こんな人間が誰かと普通に共生できる訳はないのです(笑)



占い師は占い師らしく

長尾が切ったカードの束からカードを取り出して

いかにもタロット占いな感じの配置でテーブルに並べた。



占 「何とも言えないカードが並びましたねえ・・・」

知らん、って(笑)

占 「ちなみに今気になる方とかはいらっしゃるんですか?」

だから、当ててよ(笑)

長 「みんな気になるような気もするし、ならないような気もするなー」

占 「そうですか・・・。」

この占い師は、このしらけた空気をどうやって乗り越えて

そして一体どんな結論を出すのか、

逆にこっちがハラハラしてきたよね(笑)

いじわるするのも楽じゃない。



カ 「じゃあ、ゆりさんにはどういう人が結婚相手に向いてる、とかわかりますか??」



1000円出したカモ鍋はカモ鍋で

なんとか1000円の元を取ろうとしていた。



占 「そうですねー。ま、愛情面を示す場所に法王の正位置が出てるので

  『穏やかで忍耐強く、旦那様を愛情深く支えていける』

  そんな方だって出てます。

  全体として、ひっそりとした佇まいの中に静かに熱く燃えるモノを持ってる方、

  っていうのかな、

  決断力なんかに関しては多少優柔不断なところがおありになるようなので、

  お相手を決めるのには時間がかかるかもしれないですねぇ。」





↑本当に適当だなあ(笑)たぶん本来の長尾と真逆だなあ(笑)

言ってやろうかと思ったら





カモ 「それはありえないです」





きっぱり言った。

アナタさっきまで「すっごい当たる」って言ってたでしょうに(笑)

カモは、すっかり冷静になってた。

熱々カモ南蛮が気づいたらざるそばになってた。

カモ子が長尾の何を知ってるのか知らないけどね

まぁかつて旧長尾邸に居候してた経歴のあるカモなので

長尾が結婚に向いてない可能性には気づいていたのかもしれない。



でもこれだけじゃね、結局どっちが勝ったのかわからない。

「そんなの当たってない」ってこっちが言っただけだし。

占い師はお金返してくれた訳じゃないし。



なんだけど、このイベントの後に出演者の打ち上げがあって

長尾はこの占い師に名刺渡されたましたよ。

「これは普段は出してない方の名刺です。

 さっきは占いで生計を立てているとお話したんですけど、

 ほんとは会社員をやっております。

 占いは副業なんです。

 よろしければ無料で占うのでうちに来ませんか?

 あなたのような人に初めて会いました。

 あなたともっとお話がしたい。」

キモイキモイキモイ(笑)

そしてこんなにコテンパンにされてまだ占うか(笑)!?

そりゃお話したいよね。長尾はほとんどしゃべってないんだから。



ということで

見事、占い師の正体を暴きました。

占い師に自ら本当の姿を語らせた、ってことで

軍配は長尾に上がったと思ってます。





でもほんとの軍配はカモ子に上がったんだよね。

この期に及んでまだ占いを信じてるカモ子に。

バカは死んでも治りませんから(笑)!












13 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS:
    占いは、結果当たる事は少なくないです。特に、血液型占いはそうですよね。自ら、型の方にハマっていきます。けど、仕方の無い事です。大多数の宗教信者と一緒で、自ら考えるよりも、教典や占い師に誘導して貰った方が楽ですもん。けど、それを言ってしまえば、人間社会はそうやって成り立ってるかも知れませんね。ですが、その手法、長尾さんの方が知能犯じゃないですか(笑)

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS:
    行け~行け~!!!GoGo!!
    占いは楽しむもので、信じるのは勝手ですが、
    相手の手法を熟知して意地悪する
    長尾さん・・・流石っす( ̄^ ̄)ゞ

    返信削除
  3. SECRET: 0
    PASS:
    ��とっち ぬるま湯から出た『ま駄男』さん
    そうですね。
    読み取り&「誰にでも少なからず当てはまりそうなこと」
    を言うのだと思う!アクドイ!

    返信削除
  4. SECRET: 0
    PASS:
    占い師ってお客の言ってる事を拾って広げて、当たり障りない事言ってさも読み取った風に言うんだよね

    返信削除
  5. SECRET: 0
    PASS:
    ��だいにゃんさん
    「当たった」って思い込ませる、ってことですよね?占われる側が操作されてる、っていうか。
    こういうのは知能犯じゃなくて
    性格が悪い、って言うんですよ(笑)

    返信削除
  6. SECRET: 0
    PASS:
    ��ウニィグさん
    しかし友達はいなくなります。
    真似しないように(笑)!

    返信削除
  7. SECRET: 0
    PASS:
    ��長尾有里子(毒舌女エンジニア)さん
    占い師に思い込まされる事もありますが、占い結果をふまえて、自分自身に暗示をかけてしまう人結構いますよ。良くも悪くも、結果が違ってしまった場合ですら、自分の方を責める事も。そんな傾向が出てしまったら、引き返すのは困難ですね。 催眠術の要素もありますよね。

    返信削除
  8. SECRET: 0
    PASS:
    新手のナンパを仕掛けられたと聞き。
    ちょっといい手かもと思ったけど、
    このチビさん、本業の会社の人に遭遇したらどうすんだろ?
    いじめられそうだな~

    返信削除
  9. SECRET: 0
    PASS:
    ��ターキーさん
    チビって言った~。
    微妙にさん付いてるけど(笑)
    もう長尾と同罪だからターキーさんもこっちサイドの人間決定ってことになりましたー

    返信削除
  10. SECRET: 0
    PASS:
    ��だいにゃんさん
    そう聞くと、長尾すごくイイことした気分になってきた。
    あ、でも暗示にかかってそーゆー世界に旅立ったほうが幸せ、って人もいる!?
    よね~。

    返信削除
  11. SECRET: 0
    PASS:
    面白くて面白くて・・・思わずコメントしてしまいました(*^^*)
    私も黙秘なんです(笑)絶対に情報を話しません(笑)
    占い師ならわかるでしょって思います。カウンセラーじゃないんだからって。

    返信削除
  12. SECRET: 0
    PASS:
    ��snowdropさん
    ��
    黙秘、ってことはとりあえず
    「占ってもらってる」ってことですよね?
    黙秘してまで占ってもらう、
    どっちかっていうとそこに至るまでの経緯や得られるメリットを知りたいです是非に(笑)

    返信削除
  13. SECRET: 0
    PASS:
    占い師はチビなんですか?
    もう一度よく読み直します。
    デブとチビすぎるのは。
    分別のある区別です。差別ではありません。

    返信削除