2014年1月18日

ダンサーをやめてエンジニアになった訳 前篇



















「履歴書にあるこの芸歴っていうのはなんですか??」

ダンサー・・・だったんですか・・・?」

ダンサーなんでアプリ作ろうと思ったんですか?」




突っ込んで下さいと言わんばかりの経歴の長尾です。




以下、証拠写真です。





























転身した理由は



ダンサーでは食えなかったから



です。

決めてからは割とあっという間に転身しましたが

そこに至るまでにはストーリーがあります。




高校を卒業して体育大の舞踊科に入り

実技授業の少なさにやってられず中退

バイトをしながら

イベントに出たり、インストラクターしたり、部活のコーチをしたりしました。

新宿の某ビルや中野の某ホール周辺で暴風雨にも負けずがんばりましたが

ダンスでの生計は全く立ちませんでした。




頭の悪い長尾は

それでもどうしてもダンサーになりたかった

ディズニーランドのオーディションは年に一度しかなく

10年受けたけど落ち続けました。

誰の目から見てももう無理なのに

やめる、という選択肢が浮かばなかった

世間から見放されきってるのに

まだ脳みそがお花畑という超重症患者でした。



そんなことをしながら年ばかり取って焦っている頃

芸能兼クリエイティブ業界の方

アドバイスを頂く機会があり

とある言葉をアドバイスだと勝手に捉えて

長尾は

ダンサーをやめて女優をやることにしました。



(ダンサーをやめて女優になった経緯

ダンサーをやめて女優になった訳

をお読みくださいませ)



↑という経緯があって女優をやることにしたのですが

アドバイス的なことには続きがあり

役者で食いたいならライバルが減る年齢まで待て



長尾の年齢の女優層は人数的に最も厚いから

年を取って女優の頭数自体が少なくなる年齢まで待て



若くてチヤホヤされたいだけのコは年を取れば辞めていく

結婚出産で辞める人もいる



本気でやりたいなら、40、50になってからやればいいのでは?



というアドバイスでした。



さらに

役者は基本的にいくつになっても

オーディションに受からないと仕事をもらえない

ため

時間に融通の利かない雇われの職種(企業の正社員など)に就いてしまうと

オーディションを受けに行かれず役者の仕事にありつけない

という話も聞きました。




つまり

役者で食っていきたい

のなら

まずはフリーで結構手堅く食べていけるサブの仕事を見つけなさい

ということでした。




なんだか話がぶっ飛んでるようにも見えますが

長尾はこのアドバイスを信じることにしました。

そしてフリーランスになれる仕事を調べ

IT業界のWEBデザイナーという職業を知りました。

フリーの仕事にも色々あると思うのですが

WEBデザイナーは、フリーになれる他の職種に比べると
技術がそこまで難しくない割には稼ぎはなかなかいい

というようなことをやはりクリエイティブ業界の方から聞いたので、

早速WEBデザイナーになることにしました。



その頃はパソコンなんてもちろん持っておらず

どこまでもアナログな人間でしたし

独学で挫折して・・・なんていう道をたどる余裕もなかったので

すぐに短期の専門学校を探し始めました。



次回予告

ダンサーをやめてエンジニアになった訳 後篇










2 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS:
    楽しく読ませていただいています(=^x^=)
    波乱万丈人生劇場、なんでダンサーだった子がと、思っていたので・・・
    きたまくら・・・、うるさいのは・・・頂きました( ^ω^ )

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS:
    ��ウニィグさん
    お、そのラインナップはiPhone版かな?
    ありがとうございます!
    ウニィグさんはお写真を撮られているから
    長尾のような「出たい子」ををよくご存知かと思いますが、
    「出たい子」って基本波乱万丈人生劇場になる運命にありますよね、食えないから(笑)
    でも、今少々収入が安定してきましたが
    不思議と、安泰な人生を送りたい、とも思わないんですけどね!

    返信削除